週刊野球太郎はニュースにはない奥深い情報を毎日配信 ドラフト候補累計4000人超 圧倒的な取材情報
メンバーサイト入口
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
※Wi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。

今こそ強い広島を振り返りたい。田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、鈴木誠也はいつからスタメンに定着した?

2018-02-07(水)0:00

今こそ強い広島を振り返りたい。田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、鈴木誠也はいつからスタメンに定着した?

 今季もセ・リーグの優勝候補筆頭は広島。1番・田中広輔、2番・菊池涼介、3番・丸佳浩、4番・鈴木誠也の並びは12球団屈指の上位打線だ。

 しかし、ここ2年でカープは急激に「最強」になった。気がつけばアッと言う間に最強上位打線が完成していたような気がする。

 カープ打線を担う彼らがいつ、どのようにしてスタメンに定着したのか。今、あえて振り返ってみたい。

◎田中広輔


 田中広輔は2013年のドラフト3位で広島に入団。ルーキーイヤー当初は三塁のサブで起用されていたが、堂林翔太が右手薬指を骨折した隙にスタメンに定着。夏場からは右膝に不安を抱える梵英心と入れ替わる形で遊撃に。1年目から打率.292の成績を残し、翌2015年の開幕スタメン(8番・遊撃)を射止めた。

◎菊池涼介


 菊池涼介は2011年のドラフト2位。当時の二塁のレギュラーは東出輝裕だったが、6月に右手中指を骨折。小窪哲也、安部友裕を経て、菊池が代役に選ばれ、スタメンの座をもぎとった。翌2013年は東出がキャンプで左ヒザ前十字靭帯断裂の大ケガを負い、ライバル不在に。そのまま二塁に定着した。


◎丸佳浩


 丸佳浩は2007年の高校生ドラフト3巡目。プロ4年目の2011年に1軍に定着。2011年は打率.241(出塁率.319)、2012年は打率.247(出塁率.353)の結果を残すと2013年に大ブレイク。その年、盗塁王とゴールデン・グラブ賞を獲得し、スタメンの座を確実なものにした。

 当時の外野陣のライバルは廣瀬純、赤松真人、天谷宗一郎。走攻守のバランスのよさで外野の併用から頭ひとつ抜け出した。


◎鈴木誠也


 鈴木誠也は2012年のドラフト2位で入団。ルーキーイヤーから幸運(?)に恵まれ、新外国人選手のルイスが春季キャンプが始まると同時にインフルエンザを発症。いきなり1軍キャンプに呼ばれると、首脳陣から高い評価を受け、注目の若手になった。

 転機は2015年。2014年は36試合で打率.344の結果を残し、CSでのスタメンもあったが、2015年からは登録を外野手に変更し、外野一本での勝負を選んでいる。それまで2軍では遊撃などでの出場もあった。

 2015年はロサリオが大ブレイクしたが、新助っ人のシアーホルツが期待外れで右翼に空きが出る形に。97試合で打率.275、5本塁打、25打点の安定した活躍でファンのトッププロスペクトに名乗りを挙げると、2016年には神ってる活躍で大ブレイクを果たした。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

ドラフト会議まであと何日?

時間
先取り2018ドラフト注目選手特集
先取り2018ドラフト注目選手特集
 
会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載
野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!
メンバーサイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

2018年ドラフト情報先取り
全国のドラフト注目選手が満載!
先取り2018ドラフト注目選手特集

プロ野球戦力外通告・引退
に関するのコラムも
プロ野球戦力外通告・引退特集

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#1
  3. 今こそ強い広島を振り返りたい。田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、鈴木誠也はいつからスタメンに定着した?

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.