週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 南埼玉みどころ】春6連覇の浦和学院を筆頭に混戦模様! プロ入り狙う渡邉・米倉・坂本勝負の夏

投手編〜好投手多数の群雄割拠

注目投手 米倉貫太

 米倉貫太(埼玉栄)は埼玉はナンバーワンの素質を持つ。
バランスのいいフォームから最速145キロのストレートとスライダー、カーブ、フォークを器用に投げ分ける。
「投げるコツを知っている」「芯ができた時にどこまで伸びるか楽しみ」とスカウト陣の評価も高い。
課題とされる勝負弱さを脱し、ひと皮むけた姿を見たい。

 浦和学院は豊富な投手陣で5年ぶりの夏の甲子園を狙う。
今春は渡邉勇太朗と佐野涼弥を欠きながらも、右腕・近野佑樹らを中心とした投手陣で春6連覇を達成した。
関東大会では190センチから140キロを超えるストレートを投げ下ろすドラフト候補右腕・渡邉が復帰。
キレのいい球を投げ込む左腕・佐野も復活すれば心強い。

 3季連続4強入りした山村学園はいずれも2年生左腕・和田朋也が大きな役割を果たした。
伸びやかなフォームから最速137キロのストレート、カウントをしっかり取れるカーブとスライダーを投じ、夏は悲願の初出場に導きたい。

 坂本颯太(聖望学園)は志望するプロ入りに向けて大きなアピールを狙う。
伸びのある最速143キロのストレートで押していく投球は見応えがあり、スライダーなどの変化球も有効に決まる。
打者としてもミートセンスがあり出色。
投打でチームを9年ぶりの甲子園に導きたい。

 その聖望学園に県大会初戦で0対1と惜敗した左腕・英真太郎(浦和実)もプロ注目だ。
細身ながら長い手足を柔らかく使って投げ込むストレートは最速139キロ。
スライダーのキレもよく、課題の立ち上がりとスタミナを克服すれば勝てる投手にもなり、さらに注目を集めていきそうだ。

 県大会初戦で強打の花咲徳栄を相手に好投した右腕・小笠原海大(川越東)は、思い切りのいい腕の振りから130キロ中盤のストレートと打者の手元で動く球を自在に操る。
県立勢では左腕・梅澤駿平(ふじみ野)が同校初となる4強入りに貢献。
130キロ台のストレートとスライダー、カーブを各コースに投げ分けていく投球で、夏はさらに高みを目指す。

 秋準優勝、春8強に導いた右腕・太賀龍丈(市川越)はテークバックの小さな独特なフォームで真上から投げ下ろすストレートとスライダーに安定感があり、今夏も躍進を狙う。

野手編〜好素材揃う埼玉栄、川越東

注目野手 野邨祐樹

 将来性が最も豊かに感じるのは2年生スラッガー・和田康平(埼玉栄)だ。
185センチ86キロの体格から鋭い当たりを放ち、変化球も苦にしない。
同校は他にも海崎雄太、鈴木貴大、池ノ上和貴ら好打者が揃う。

 川越東には、攻守で反応のよさが光る遊撃手・山本修平、投手もできる強肩で187センチの大型二塁手・高波寛生、外野手では4番らしい力強い打撃が魅力の菅原隆太郎、小柄ながらパンチ力ある打撃が武器の2年生・浪江麟太郎ら好選手が揃う。

 他にも外野手では、1年から出場する蛭間拓哉(浦和学院)、シュアな打撃と俊足が光る野邨祐樹、大きな体格から力強い打球を放つ長谷川兼太(ともに山村学園)、長打力と勝負強さが光る2年生・羽根田優也(山村国際)に注目だ。

大会展望〜浦学・徳栄の2強中心に展開か

南埼玉 勢力ピラミッド

春6連覇を達成し、攻守に層の厚い浦和学院が本命も、夏は4年続けて逃しているのが気がかり。
対抗は3季連続4強入りしている山村学園か。
その2校を秋準優勝・春8強の市川越、春の県大会初戦で花咲徳栄に3対4と接戦を演じた川越東が追いかける。
プロ注目の好投手がいる聖望学園や浦和実、近年上位躍進の多い狭山ケ丘、春4強で投打充実のふじみ野も中心選手の活躍次第では躍進も。
また、好素材多い埼玉栄はチーム力が上がれば頂点も見える位置に来るだろう。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方