週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 北埼玉みどころ】各学年に好素材揃う花咲徳栄が大本命! 個々の能力高い昌平、春日部共栄が追う

投手編〜伸び盛りの2年生左腕

注目投手 米山魁乙

 北埼玉で投手として最も高い将来性を感じさせるのが2年生左腕の米山魁乙(昌平)だ。
角度のあるストレートの球速は130キロ台後半と力があり、特に対右打者のインコースに投げ込むクロスファイアーは見応え十分だ。
これにスローカーブやスライダー、チェンジアップといった変化球もセンスよく投げ分ける。
また、本塁打を打たれた後に連続三振を奪うなど気持ちの強さや投げっぷりのよさも大きな魅力。
春季県大会初戦の山村国際戦では好投しながらも、9回に逆転サヨナラ負けを喫した悔しさを胸に鍛錬し、夏にさらに成長した姿を見たい。

 夏の甲子園連覇を狙う花咲徳栄は、綱脇慧(東北福祉大)や清水達也(中日)が抜けて、昨年よりは多少投手力が落ちるが、それでも秋春ともに決勝進出し、実力は実証済み。
キレやコントロールに優れたエース右腕の中田優斗を中心に、まずは北埼玉制覇を目指す。

 4年ぶりの甲子園を狙う春日部共栄は投手層が厚い。
春にエースナンバーを背負った右腕・内藤竜也はキレのある球をテンポよく投げ込む。
変則のサイドハンド左腕である大木喬也は昨夏の準決勝・浦和学院戦で9回途中まで3失点に抑え、好投するなど経験豊富。
そして、侍ジャパンU-15代表だった大型左腕・渡部太陽もいる。
春季県大会初戦の春日部東戦に先発するも本塁打を浴びるなど3回3失点で降板。
試合後もショックは大きい様子であったが甲子園出場を果たす上で欠かせない存在だ。

 昨秋8強入りした栄北は左腕の高木大地が鍵を握る。
球速は決して速くないものの、カーブやスライダーを上手く使いながら打者を抑えていきたい。

野手編〜野村の進化が止まらない

注目野手 野村佑希

なんといっても一番の注目はドラフト候補スラッガーの野村佑希(花咲徳栄)だ。
昨夏の甲子園でも5割を超える打率と2本塁打で全国制覇に貢献した。
今年からは三塁手に転向し、逆方向への長打もさらに力強さを増すなど順調に成長を続けている。
今春の公式戦を終えて、高校通算本塁打も50本を超えた。
また同校では2年生の韮澤雄也も先輩の岡崎大輔(オリックス)を彷彿とさせる好遊撃手。
NPB球団スカウトも「打撃が柔らかく、コンパクトでバットの出し方もいい」と高く評価。
さらに1年生でスタメンを獲得した井上朋也は力強いスイングで早くも公式戦3本塁打を放った。

 春季県大会初戦敗退ながらも、駒澤大やシダックスでプレーした黒坂洋介監督が指揮を執る昌平も地力は十分で甲子園出場も夢ではない。
3番打者の右翼手・比嘉蓮は打撃センスに優れ俊足、4番の一塁手・渡邉翔大は1年生とは思えないスイングを見せる。
また同じく1年生の中堅手・千田泰智も「守備も安定していて野球を知っている選手」と監督の期待も高い。

 古豪復活を狙う上尾は1番の二塁手・小川竜太朗が出塁し、父・伸一さんは上尾の好投手だった3番打者の右翼手・日野吉彬らで得点を挙げていきたい。

 春に春日部共栄を破った春日部東は強肩強打の捕手・佐藤宏樹、渡部から右中間深くに本塁打を放った2年生の右打者・木下遥斗が楽しみな存在だ。

大会展望〜花咲徳栄が大本命も、以下は混沌

北埼玉 勢力ピラミッド

春季埼玉大会で8強に進んだ北埼玉の高校は花咲徳栄のみで、個々の能力やチーム力で他校より頭ひとつふたつ抜けているのは間違いない。
しかし、そこから波乱が起こるのも高校野球の醍醐味である。
特に地力のある昌平と春日部共栄がともに春季大会で初戦敗退して夏はノーシードとなっており、雪辱に燃える好素材たちが夏にどこまで能力を上げてくるか。
さらに全員全力野球が魅力の伝統校・上尾、春日部共栄を破った春日部東、好左腕・高木を擁する栄北も頂を狙う。

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方