週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

最年長は岩瀬仁紀(中日)。「松坂世代」よりもっと上のベテラン13人が頑張っている!

最年長は岩瀬仁紀(中日)。「松坂世代」よりもっと上のベテラン13人が頑張っている!

 中日入団が決まった松坂大輔、先行きが見えない村田修一など、ここにきて注目度が高まっている「松坂世代」。

 ただ、球界には松坂世代よりも年上のベテラン選手たちが、まだまだ現役で頑張っている。年齢の壁と戦いながらグラウンドを駆け回る選手たちをチェックしておきたい。

これだけいる「松坂世代」より年上の選手


 1980年生まれ(1980年4月〜1981年3月)の「松坂世代」より年長の現役選手たちは以下の通り(年齢は、今季開幕時の満年齢)。

■43歳世代
岩瀬仁紀(中日)
1974年11月10日生

 最年長の岩瀬仁紀(中日)。昨季、樹立した歴代最多登板記録954を今季はどこまで伸ばせるか。故障もあって2015年は登板なし、2016年は15試合の登板に終わったものの、昨季は50試合登板と4年ぶりに大台突破。カムバック賞を受賞した。金字塔の1000試合登板まではあと46。達成する可能性は十分だ。最多セーブ記録404も、ひとつでも上乗せしたい(昨年は2セーブ)。

■42歳世代
松井稼頭央(西武)
1975年10月23日生

福浦和也(ロッテ)
1975年12月14日生

 プロのキャリアをスタートさせた西武に戻って、捲土重来を期すのが松井稼頭央。春季キャンプではA班入りが発表されており、チームは戦力として計算している。内外野を守れるユーティリティー性で、どこまでレギュラー争いに食い込めるか。

 福浦和也(ロッテ)は、2000安打達成が今季の最大目標となる。現在1962安打で、昨季は30安打。どこまで出場機会を得られるかにかかっている。

■41歳世代
新井貴浩(広島)
1977年1月30日生

 強力な広島打線の裏番長として、そしてナインの精神的支柱として存在感を発揮する新井貴浩。昨季は100試合に出場し打率.292。3連覇を目指すチームには、まだまだ新井は必要なピースだ。

■40歳世代
福留孝介(阪神)
1977年4月26日生

荒木雅博(中日)
1977年9月13日生

 福留孝介(阪神)は、昨季127試合に出場。4番に座ることも多く、チームトップの79打点を記録している。今季も主軸を担うことになる。

 昨季、2000本安打を達成した荒木雅博(中日)。今季からは内野守備走塁コーチ兼任となり、後輩たちにその堅実な守備と、378盗塁(歴代11位)を記録している走力を伝える役目も担う。

■39歳世代
山井大介(中日)
1978年5月10日生

阿部慎之助(巨人)
1979年3月20日生

 山井大介(中日)は、昨季の終盤に2試合先発し2勝。先発陣が手薄なチーム事情もあり、期待は小さくない。球界最年長の岩瀬がいて、松坂大輔の入団も決まった。まだまだ老け込んでいられない。

 阿部慎之助(巨人)は、昨季はチーム2位の76打点。体調が万全なら、ゲレーロやマギーらと開幕4番を争うことになりそう。チームのAクラス復帰へ、誰よりも責任感を持っているはず。

■38歳世代
五十嵐亮太(ソフトバンク)
1979年5月28日生

能見篤史(阪神)
1979年5月28日生

石原慶幸(広島)
1979年9月7日生

細川亨(楽天)
1980年1月4日生

石川雅規(ヤクルト)
1980年1月22日生

 石川雅規(ヤクルト)と能見篤史(阪神)は先発として、五十嵐亮太(ソフトバンク)はセットアッパーとして、今季も欠かせない戦力。とくに石川は昨季、4勝14敗と振るわなかっただけに、今季に賭ける思いは強いだろう。

 石原慶幸(広島)、細川亨(楽天)の捕手2人は、會澤翼(広島)、嶋基宏(楽天)を支える存在。細川亨は昨季、20試合の出場にとどまっただけに、今季は出番を増やしたい。

日本人メジャーリーガーにもいる


 「1980年生まれ」よりも上の世代の現役は13人。セ・リーグ9人、パ・リーグ4人と、セ・リーグの方がベテランが多く残っている。

 なお、メジャーでは、イチロー(1973年10月22日生)が44歳世代で岩瀬よりひとつ上、上原浩治(1975年4月3日生)が松井や福浦と同世代となる。両者とも、今季の所属球団は未定だが、まだまだ現役続行の意欲は衰えていない。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方