週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年見どころ 高校野球】銀河系軍団・大阪桐蔭の春夏連覇なるか。それとも阻止するのは……

【2018年見どころ 高校野球】銀河系軍団・大阪桐蔭の春夏連覇なるか。それとも阻止するのは……

 高校野球にとって、2018年は特別な年である。センバツが90回を迎え、夏の甲子園に至っては100回という大きな節目を迎えるからだ。

 そして、その節目に歩調を合わせるかのように、今年はかつてないほどに有力選手が揃った。2000年生まれということもあって、彼らは「ミレニアム世代」と呼ばれている。

 そんなゴールデンエイジを中心に回る2018年の高校野球界。今月は2回に渡って、その見どころを探っていく。

史上最強の横綱がここに登場


 まず触れたいのは、西の、いや高校野球界の大横綱である大阪桐蔭。毎年のようにプロ選手を輩出しているが、今年に至っては何人がドラフトにかかるのかというほどの戦力の充実ぶりを見せている。

 二刀流の根尾昂、走攻守揃った藤原恭大に始まり、投手陣にはエースの柿木蓮、左腕の横山凱、野手でも三塁手の中川卓也など、各守備位置にドラフト注目選手が並ぶ。そのラインアップは、スターが集うスペインのサッカークラブ、レアル・マドリードさながら、まさに「銀河系軍団」と呼ぶにふさわしい。

 彼らが2年生だった昨年はセンバツで優勝、夏の甲子園でベスト16、明治神宮大会でベスト8という結果だった。普通なら十分な成績だが、春夏連覇も可能と言われていただけに若干物足りなくも映る。

 そんな贅沢なことが言えてしまうのも横綱ならでは。今年は初夏連覇なるか。まずはセンバツに注目だ。

左腕も右腕も充実の投手陣


 続いてはそんな横綱に挑む、全国の注目球児たちに触れたい。

 投手では、まず浦和学院の佐野涼弥に目がいく。昨夏の埼玉大会決勝では6四死球ながら花咲徳栄を4回2/3を1失点に抑える粘投を見せた。直後の夏の甲子園で優勝したチームとしのぎを削り、さらに本塁打を放つなどセンスは疑いようがない。

 西では、昨秋の岡山県大会で準優勝した倉敷商の引地秀一郎が話題を集めている。続く中国大会では1回戦で敗退したため、全国デビューはおあずけとなったが、夏に悔しさを晴らすことを期待。

 また倉敷商といえば、先日亡くなった星野仙一氏の母校。偉大な先輩は甲子園に届かないまま高校生活を終えたが、引地は星野氏の分も甲子園の土を踏んで大暴れしてほしい。


虎視眈々と牙を研ぐバットマン


 野手も有力選手が目白押しだ。花咲徳栄には昨夏の甲子園で2年生ながら打率.520、2本塁打と大暴れした野村佑希がいる。センバツ出場は逃したが、夏に期待したい。

 清宮幸太郎(日本ハム)が抜けた早稲田実は、清宮と3、4番コンビを組んだ野村大樹が今年も4番の大黒柱だ。甲子園での先輩超え、優勝を目指す。

 また甲子園のお膝元である兵庫では、昨年のWBSC U-18ベースボールワールドカップで2番を打った小園海斗(報徳学園)がプロから熱視線を送られている。

 小園は走攻守三拍子揃った遊撃手。残りの高校生活でどこまで実力を伸ばすか興味は尽きない。


夏の甲子園までノンストップ!


 もう1カ月もするとセンバツが始まり、終わったと思ったら各地の春季大会、夏の地方大会、そして夏の甲子園と続いていく。

 息をつく間もないという様相だが、ハードなスケジュールの中で実力をフルに発揮して、悔いのない高校野球生活を送ってもらいたい。そのうえで最高の試合を見ることができたら、高校野球ファンとしては幸せだ。

 次回はセンバツ出場校を中心に高校野球の見どころをお送りしたい。


文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方