週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【ドラフト特集】《埼玉西武ライオンズ》ドラフト指名結果答え合わせ

【この記事のよみどころ】
・『野球太郎』でオススメした投手をズバリ1位指名
・ブルペン陣の底上げで「俺達」に革命を
・大量10人指名も、選手の実力は?


 プロ野球ドラフト会議が終了して約10日間が経過。ドラフト会議前に発売された『野球太郎No.016 2015ドラフト直前大特集号』では、12球団の「補強ポイント&オススメ選手」を発表している。果たして各球団は、見合う選手を指名できたかどうか、ドラフト結果を総評してみたい。

 今回は西武のドラフト答え合わせをしよう。


1.即戦力の右投手(リリーフ)

 本誌『野球太郎』で強烈にオススメした多和田真三郎(富士大)を、敢然と1位指名。ここ数年、チームの弱点ともいえるリリーフ右腕の層の薄さを埋めることができる好指名だ。

 本来は先発完投型の多和田。しかし、心配されている肩の痛みを考えれば、まずは短いイニングを任せるなど、大事に育ててもらいたい。


2. 即戦力の左腕(リリーフ)

 右投手に加えて、リリーフ左腕の層の薄さも懸念される西武。今回のドラフトでは3位で野田昇吾(西濃運輸)を指名したことは評価したい。

 上背はないがパワフルな球を勢いよく投げ込む左腕で、球は少々荒れても、中継ぎで1イニングを任せられるだろう。


3.左打ちの内野手

 一方の野手では、左打ちの内野手の層が薄い西武。永江恭平や金子侑司(両打)、梅田尚道、水口大地らの若手の伸び悩みが続いている。

 そこで指名したのが、7位の呉念庭(ウ・ネンティン)だが、まだ未知数な部分は多い。。近年、西武とパイプの太い鹿児島・第一工業大の出身で、プロの舞台でどこまで活躍できるか。


4.捕手の補強

 ドラフト前は、その去就に注目が集まっていた炭谷銀仁朗。シーズン後半は岡田雅利や中田祥多らがマスクをかぶるケースも増え、炭谷のFA移籍を視野に入れて、捕手を補充すべきという見解を示した。

 しかし、10月27日には炭谷の残留が決定。球団から正式発表があり、ファンもひと安心といったところだろう。


5.右打ちの外野手

 森本稀哲が引退して、右打ちの外野手の層が薄くなった西武。しかし、今ドラフトでは大瀧愛斗を4位で指名。地元・埼玉の花咲徳栄高出身でもある大瀧は、人気選手として大きく育って欲しい。


《総合評価》B

 10人の指名のうち、8人を投手で占めた西武の今ドラフト。多和田の他にも、6位で本田圭佑(東北学院大)、10位で松本直晃(香川オリーブガイナーズ)と、即戦力右腕を指名。彼らこそ、西武の手薄な中継ぎ右腕に革命をもたらし、新しい「俺達」を結成して欲しい。

 ただし、大量10人を指名したものの、その実力が未知数の選手も多い。スカウトの眼力と、育成能力が問われるドラフトになったといえるのではないだろうか。


文=野球太郎編集部

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方