週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

2年目のジンクスを吹き飛ばせ! 楽天の若き勇将・茂木栄五郎が開幕好発進!


 プロ1年目に好成績を収めた選手が、ライバル球団による研究が進んだ結果、翌年スランプにハマることがある。いわゆる「2年目のジンクス」だ。しかし、楽天の若き勇将・茂木栄五郎にとっては、どうやらそのジンクスは無縁といえそうだ。

 楽天がオリックスを3タテした開幕カード。茂木も獅子奮迅の働きで2年目の幕開けを見事な発進で飾った。今シーズンは1番打者としてチームをけん引する役目を任されている若鷲は、開幕3連戦の17打席で16打数5安打、5三振、1四球の打率.313。二塁打が2本、本塁打が1本と3本の長打を量産し、パンチ力を誇示した。

 チームが挙げた24得点中、茂木はいずれもチーム最多の4得点&4打点。多くの得点に絡む働きを見せている。

相手に重圧と焦りを与え「流れ」を変えていく全力プレー


 あらためて目を見張ったのは、相手に大きなプレッシャーをかけ、「流れ」を変える全力プレーのすばらしさだ。

 バッティングでは初球から積極果敢に鋭いスイングで応戦していく。開幕3連戦でもそのスタイルは健在で、初球スイング率はじつに58.8パーセントという高い値を記録した。こうなると、相手投手は迂闊に甘いコースでストライクを取りにいけなくなる。


開幕3連勝をみちびいた初球撃ちの反撃2ラン!


 象徴的なシーンが第3戦に飛び出した。茂木のファーストストライク撃ちが戦果を挙げたのだ。

 4点を追いかける終盤の8回、快投を続けていたオリックスの西勇輝を降板に追い込んだ左越え2ランは、西の甘くなった初球をとらえて一振りで仕留めた。これで流れを握った楽天は9回、ペゲーロの決勝2ランで逆転勝ちした。

楽天戦通算25勝の金子千尋攻略は茂木の俊足から始まった!


 開幕戦では、その俊足で相手守備陣の焦りを誘発している。3回、先頭打者として打席に入った茂木が三塁線に痛烈なゴロを弾き返すも、小谷野栄一の堅守に阻止されたシーンだ。

 このとき、茂木は一塁へ全力疾走。そのスピードに焦ったのか、ベテラン・小谷野が一塁へ悪送球。茂木が労せずして二塁へ進んでチャンスを作ると、楽天はこの回、金子千尋から2点を挙げた。


右前打を二塁打に変える超特急の好走塁!


 同じ試合の延長11回には、右前の当たりで颯爽と得点圏へ進塁した。飛んだコースは右中間。打球が詰まり気味で長めの滞空時間になったことなどを瞬時に判断し、一気に二塁へ滑り込む好走塁で、単打と思われた当たりを二塁打に変えた。楽天に決勝点が入ったのは、この直後のことだった。

 楽天は茂木の戦功もあり、2014年以来の開幕3連勝を飾った。2014年はその後負けが込んで最下位に終わったが、今シーズンの鷲軍には一騎当千の茂木栄五郎がいる! 結末はきっと正反対になるはずだ!!


文=柴川友次
信州在住の楽天推しの野球好き。ノムさんの「ID野球」「弱者の兵法」に感化され、イーグルスに関するありとあらゆるデータの収集を実施しながら、ペナントレースを追いかけているデータ好きの野球ブロガー。2,500人以上にフォローされているTwitterアカウントは@eagleshibakawa。

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方