週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018高校野球最前線】大阪桐蔭が愛知で2連敗!? 東北では福島の絶対王者・聖光学院が2年連続V

文=森田真悟

【高校野球最前線】大阪桐蔭が愛知で2連敗!? 東北では福島の絶対王者・聖光学院が2年連続V
 高校野球の“イマ”にググっとクローズアップしていく「高校野球最前線」。夏の甲子園が100回の記念大会を迎える今年は例年以上に注目度は高まっている。「週刊野球太郎」では「夏まで待てない!」という高校野球ファンのために、最新の高校野球情報をお届けしていく。

福島の絶対王者が東北を制す


 春季地区大会の大トリとなった東北大会。決勝は11回連続で夏の甲子園に出場中で、センバツでも勝利を挙げた福島の絶対王者・聖光学院と、東北の雄・東北(宮城)が激突。聖光学院が延長10回、2対1で接戦を制し、2年連続で優勝を果たした。

 矢吹栄希、五味卓馬、須田優真らプロ注目の野手が揃い、“歴代最強”とも言われる聖光学院打線。しかし、決勝では4回に先制点を挙げるも、東北の147キロ右腕・中山翔太に苦しめられる。

 試合は、聖光学院のサイドスロー・高坂右京と東北・中山の投手戦となり、1対1で延長戦に。10回裏に東北の2番手投手から須田がサヨナラ安打を放ち、試合を決めた。

 聖光学院は、夏の福島大会12連覇に向けて弾みをつけた。甲子園ではベスト8の壁に阻まれ続けているが、今年こそ突破を目指したい。

気がつけば……もう夏


 各地の春季大会が終わり、早くも沖縄では6月23日から夏の選手権大会が始まる。

 注目は昨夏の覇者の興南。2010年に同校を春夏連覇に導いた島袋洋奨(ソフトバンク)の再来と呼び声の高い宮城大弥を擁している。対抗馬に挙げたいのは、春季沖縄県大会決勝で興南を1対0で下し、九州大会では準決勝まで進んだ未来沖縄だ。

 興南が2年連続出場を果たすか。新興勢力の未来沖縄が春の甲子園切符を勝ち取るか。他の強豪校の戦いも含め、熱戦を楽しみたい。

大阪桐蔭危うし!?


 センバツ、春季近畿大会で連続優勝。夏の甲子園出場も間違いなしと言われる王者・大阪桐蔭(大阪)。しかし、愛知県高野連主催の2日間にわたる招待試合で2日目に連敗を喫し、行く先にやや暗雲が立ち込めた。

 1日目こそ東邦に12対5、桜丘に4対2と連勝したものの、2日目は中京大中京に4対12、愛産大三河に5対6で敗戦した。

 ただ、大阪桐蔭の西谷浩一監督は危機感を抱くコメントを残しつつも、本番前に課題が見つかったことを前向きにとらえていた。この連敗を機にさらに大阪桐蔭は強くなるのか。2カ月後にはその結果がわかる。

世紀の祭典まで全速力!


 春季大会が終わり、球児はすで夏へ向けて駆け出している。ファンにとっても息つく暇もない目まぐるしさだが、しっかりと見届けたい。

 参加校が増える第100回記念大会はミレニアム世代の台頭もあり、さらに盛り上がることは必至だ。記念の年に立ち会える贅沢を噛みしめたい。

文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方