週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 岐阜みどころ】評判上昇中の平井は未完成も掘り出し物 パンチ力の中神、走攻守が揃った藤田!!

投手編〜将来性ある右腕にプロも興味

注目投手 柳下陸

 右投手で好素材が続々現れている。
平井快青(岐阜第一)は魅力が大きく、回転のよいストレートで空振りが取れる。
球速は140キロを超え、制球力も上がった。
本誌冒頭のカラー名鑑で佐藤充スカウト(中日)のコメントを紹介しているとおり、将来性は太鼓判だ。
同様にこの春、プロ球団スカウト間で話題になったのが柳下陸(池田)。
県大会初戦で3球団、5月の練習試合・藤枝明誠戦で2球団のスカウトが視察し、そのスピードガンで142キロを計測。
未完成な面も多いが、掘り出し物だ。

 昨夏の甲子園を経験した大垣日大の右腕2投手が力量なら最上位。
修行恵大はフォームがきれいで、長い腕を柔らかく振り、球質のよいストレートで空振りを奪うことも差し込むこともできる。
フォークも優れた武器だ。
杉本幸基は腕の振りが力強く、ブレーキの効いたスライダー、カーブ、チェンジアップも交え投球の組み立てにも冴えを見せる。

■まだまだひしめく好右腕

 平田陽生(県岐阜商)は、3年前の同校エース・橋純平(ソフトバンク)を想起させるタイプ。
ストレートの球筋がよく、春先は最速でも135キロほどだったが、鍛治舍巧監督の指導で球速も伸びている。
酒井大知(大垣西)も長身で柔らかく、左膝の使い方など筋がよい。
投手育成に定評ある小牧憲充監督のもと、球速も139キロに達した。
高井脩平(関商工)はスケール感があり、力を入れた球は140キロに迫る。
スライダーも威力があり詰まらせる。
三尾弘樹(麗澤瑞浪)は速球派で、鈴木竣太(岐阜城北)は体の馬力がある。
一方、ここまで挙げた上投げの投手勢と異なり、日渡柊太(市岐阜商)はスリークオーターの角度で、ムチのような腕の振りから140キロ台のストレートにタテ横のスライダー、ムービングボールが走る。

 左投手では、井野海翔(麗澤瑞浪)が上背があり投げ方がよく、3月の練習試合では敦賀気比(福井)を相手にノーヒッターを達成した。
藤井健也(県岐阜商)は腕の振り、投げっぷりが胸をすく。
古澤亮(岐阜総合学園)は球にキレがあり、打ちづらい球筋だ。

 2年生では今佑我(市岐阜商)が"投手らしい投手"で、快速球で魅了する。

野手編〜中神、藤田のプレーが際立つ

注目野手 藤田龍明

 2人の打者が高卒プロ入りを視野に入れる。
中神拓都(市岐阜商)はスイングが力強くパンチ力は東海地区最上位。
藤田龍明(中京学院大中京)は走攻守三拍子揃ったタイプで、50メートル走6秒の足や地肩をウリにできる。

 この他、捕手では三浦賢斗(岐阜各務野)が県下ナンバーワン捕手。
西尾歩真(中京学院大中京)は守備の動きがよい俊足巧打の遊撃手だ。
速水龍太(加納)は投手としても最速135キロを投げるが、フォロースルーの大きなスイングで打球を飛ばす。
丹羽陵(八百津)も通算20弾超のパワーヒッターだ。
意外なところでは、高橋佳樹(岐阜北)がポテンシャルを秘める。

 2年生では藤田健斗(中京学院大中京)の「猛肩」が見所十分で、打撃も勝負強い。

大会展望〜V争いは上位4校に絞られるか

岐阜 勢力ピラミッド

優勝の可能性があるのは県岐阜商、中京学院大中京、大垣日大、市岐阜商の4校とみる。
名将・鍛治舍巧監督が今年3月から手綱を取る県岐阜商については、本誌の別稿で紹介しているので参照してほしい。
いきなり頂点を取る態勢が整いつつある。
中京学院大中京はエース左腕・不後祐将(2年)を擁し、野手陣も能力が高く戦いぶりが安定している。
大垣日大は、今春県大会の2試合で1得点だったのがやや気がかり。
岐阜総合学園や岐阜各務野も勝ち上がれるチーム力がある。

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方