野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
2017.10.26ドラフト会議 清宮幸太郎 検索!

「解説を難しいと思ったことはないですね」 実況中継の裏側を探るべく里崎智也氏にインタビュー!

2016-04-19(火)12:00

「解説を難しいと思ったことはないですね。毎回、楽しくやらせてもらっていますよ」

「野球を伝える声」の裏側を紹介するこのコーナー。今回は“解説者”里崎智也さん(元ロッテ)に登場いただく。2014年限りで現役引退。つまり、昨季が「解説者1年目」だったわけだが、その1年を振り返って出たのが冒頭の言葉だった。

 解説を「楽しい」と言い切るその理由とは? 既存の野球中継や野球用語への疑問など、“里崎節”全開のインタビュー、前編をどうぞ。


◎頭の中で考えていたことを、そのまましゃべるだけ


 千葉ロッテひと筋16年。2005年と2010年の日本一に貢献したほか、北京五輪や第1回WBCでも主力として活躍した里崎氏が現役を引退したのが2014年。翌15年からは、ニッポン放送、千葉テレビ、日刊スポーツを中心に「野球解説者」としてのキャリアをスタートさせた。

「でも、解説者の仕事って、ある意味では現役時代と変わらないんですよ」

 里崎氏は語る。自身がキャッチャーとして球を受けながら、投手のことや打者、ランナー、監督、球場、カウント状況、試合の流れなど、あらゆることを想定して、自分なりに解釈・分析し続けてきた。その頭の中で考えていたことを、そのまま喋れば、立派な野球解説となるのだ。

「だから、悩んだりすることなく、楽しくできる仕事といえます」

 里崎氏にとっては“楽しい”解説の仕事。そのため、予想もしなかったハプニングや、トラブルも全くなかったという。

「想定外なんてないですね。もし実況アナウンサーに何かトラブルがあったとしても、僕が一人で喋れば何も問題ないですから。ラジオのDJもやっていますし、むしろ『俺に任せろ!』と言いたいくらい。だって、喋りたいんだから(笑)」


◎『居酒屋解説』になったら解説者を辞める時


 解説は楽しい仕事。想定外もハプニングもない! と即答する里崎氏。だからといって、決してこだわりがないわけではない。現役時代同様に解説業を“分析”したことで導きだされた「里崎ルール」があるという。

「結果論でモノは言わない。これを心がけています。僕がもしキャッチャーだったら、バッターだったらこの場面ではこうするけど、選手は何を選択するのか? そこまで言うんです」

 例えば、速球派投手を攻めあぐねている、と感じれば、『ストレートを<1、2の3>でいいから狙っていくべき』変化球でカウントを整える投手に対しては『変化球に山を張って打つのも手ですよ』といった具合に、現状を分析し、こうなっているからこうしたほうがいい、という結論をふまえた解説を心掛けているという。

 もちろん、起きた結果についての解説をしなければならない場面もある。それでも出来る限り、結果論では終わらない解説をしたい! と言葉を続けた。

「何か起きてから喋っているようじゃ、居酒屋の野球談義と一緒! だから、『居酒屋解説』になったら解説者を辞める時だと思っています」


◎里崎智也の「ここが変だよ、野球解説用語」


 結果論に終始する解説に違和感を感じていた、という里崎氏。他にも、野球中継で当たり前のように使われているフレーズで気になるものがあるという。「ここが変だよ、野球解説用語」その一部を紹介してもらった。


《2ストライクから打たれたら、もったいない》

「もったいなくないカウントなんてあるんですか? と問いたいですね。『もったいないから一球外した方がいい』と続くことが多いんですけど、僕からしたらそっちの方がよっぽどもったいない! わざわざ1ボール2ストライクにする意味なんてないと思うんです。打者一人につき、一球ずつ余計に外したら、1試合で最低でも27球も余計に必要です。投手からしたら、そっちのほうがもったいないですよ」

《ここは強気に攻めてもらいたいですね》

「“強気”って曖昧な表現ですよね。仮に[インコースにストレート=強気]という定義でも、その球でホームランを打たれた場合、『いやあ、ホームラン打たれましたけど、強気なリードで良いですね』とは言えないじゃないですか」

《ここは丁寧にやってもらいたい》

「丁寧とは反対の、雑なリードはあるんですか? と。キャッチャーはいつも丁寧にやっています。仮に[丁寧なリード=アウトコース低め]だとしましょう。でも、それを投げられるかどうかは、ピッチャーの問題。選手はTVゲームのように、コントローラーを持ってプレーしているわけではないですから。そういう細かいコントロールができるかどうか、そのピッチャーの技術について語るべきだと思います」

《ここ、初球から打ってきますよ》

「初球から打ってくるかどうかは、観ているお客さんもわかってますよね。じゃあ、どうすればいいのか。僕が解説者であれば、『この場面、バッターは初球から打ってくるので、ピッチャーは勝負球、もしくはワンバンになるくらいのフォークから入ったほうがいいですよ』まで言います」

 止まらない、野球中継への提言・直言。今年からはテレビ・ラジオの仕事に加えて、オンラインコミュニティ「乾杯!ほろ酔いプロ野球部」の部長にも就任し、野球ファンと積極的な交流も図っている。4月21日には新企画「里崎智也のプロ野球語り呑み」で仁志敏久氏(元巨人ほか)とのトークイベントを開催するなど、「乾杯!ほろ酔いプロ野球部」での活動はさらに賑わいをみせている。

※「里崎智也のプロ野球語り呑み」について、詳しくは「乾杯!ほろ酔いプロ野球部」が運営する専用のホームページ(http://bukatsu.hikaritv.net/campaign/0014/)へ

「『里崎智也のプロ野球語り呑み』でも、それ以外でも画期的な面白い企画を考えています。野球界の間違った常識を正していくのが僕の仕事。アイデアはいくらでもあるので、それをどんどん世に出していくだけ。とにかく新しいことがやりたい。二番煎じが一番つまらないですからね」

 常に好奇心旺盛な里崎氏。紹介したイベントでは、インタビュー以上の歯に衣着せぬ野球トークが聞けることは間違いない。さらに元プロ野球選手との会話が実現するからこそ、ワンランク上の野球談義を体験できるはずだ。


(後編に続く)

取材・構成=オグマナオト
1977年生まれ、福島県出身。広告会社勤務を経てフリーライターに転身。「エキレビ!」「R25」などでスポーツネタを中心に執筆中。『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』(新紀元社)、『高校野球100年を読む』(ポプラ社)では構成を、『漫画・うんちくプロ野球』(メディアファクトリー新書)では監修とコラム執筆を担当している。著書に『福島のおきて』(泰文堂)、『爆笑!感動! スポーツ伝説超百科』(ポプラ社)。Twitterアカウントは@oguman1977

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 野球エンタメコラム一覧#2
  3. 「解説を難しいと思ったことはないですね」 実況中継の裏側を探るべく里崎智也氏にインタビュー!

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.