野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
野球太郎選手名鑑プロ野球志望届提出済選手詳細情報117名収録 2017年注目選手1147名

《プロ野球・2017年の展望》菊池雄星、高速フォークで初タイトルなるか? パ・リーグの注目選手!

2017-02-28(火)12:00


 いよいよオープン戦も始まり、開幕へ向けてムードも盛り上がってきた。前回のセ・リーグ編に続き、今回は若手選手を中心にパ・リーグの期待株を取り上げてみたい。

◎新球「高速フォーク」も冴え渡る菊池雄星(西武)


 長年、西武のエースを務めてきた岸孝之がFAで楽天へ移籍。今シーズンからは菊池雄星が新たなエースとしてチームのローテーションを支えることになる。

 辻発彦新監督から早々と開幕投手に指名され、調整を行ってきた菊池。宮崎県日南市・南郷スタジアムでの1次キャンプ最終日に行われた紅白戦では、栗山巧を新球の「高速フォーク」で空振り三振に仕留め、侍ジャパンのメンバーでもある秋山翔吾を150キロのストレートで一塁ゴロに打ち取るなど、変化球、ストレートともに冴え渡っている。

 昨シーズンは、最終戦でようやく規定投球回に届いた。今シーズンはそれを余裕でクリアしたうえでの、初タイトル奪取に期待したい。


◎ツーシームに活路を求める斎藤佑樹(日本ハム)


 昨シーズンは未勝利に終わった斎藤佑樹。背番号が「1」に変わった今シーズンは、高校時代の輝きを取り戻す投球を期待されている。

 この紅白戦、練習試合では昨年以上の結果を残してきた。今シーズンから投球の軸に据えようとしているツーシームの最速は142キロを記録。空振りも奪っている。併殺も狙える武器・ツーシームの仕上がりは上々だ。順調なキャンプを過ごしているように見えたのだが……。

 2月21日に行われた楽天との練習試合では、2回を投げて7被安打、5失点と大炎上。不安要素が顔をのぞかせてしまった。開幕までに修正できるのか気になるところだ。

 シーズンオフには、栗山英樹監督が海外メディアに「斎藤はなぜ悪いのか? 」と聞かれるなど、海の向こうでも知名度の高い斎藤。今シーズンは「結果」で話題に上ることを期待したい。

◎152キロと順調な仕上がりを見せる田中正義(ソフトバンク)


 昨秋のドラフトで5球団競合の末に、ソフトバンクに入団した田中正義。アマチュア球界最強と謳われた黄金ルーキーだが、キャンプではフィールディング、牽制と課題が現れた。

 しかし、投球そのものに関しては152キロをマークするなど順調。シート打撃で制球を乱す場面もあったが、その後の紅白戦ではしっかりと修正してきている。

 創価大4年時に痛めた右肩の状況が心配されたが、キャンプ中盤まで問題なし。「痛いところはないのでたくさん練習する」と語っており、周囲の不安を一掃した。開幕ローテーション入りをつかめるか。黄金ルーキーの実力を見せつけるデビューが待ち遠しい。


◎遊撃のレギュラー奪取に向け前進する平沢大河(ロッテ)


 キャンプイン前日に発表された鈴木大地の二塁コンバート。鈴木は昨年のベストナインに選ばれた遊撃手。突然空いた鈴木の穴をめぐって、遊撃のレギュラー争いは熾烈を極めている。そのなかで、レギュラー候補として期待として大きな期待をかけられているのが2年目の平沢大河だ。

 昨年のシーズンオフにはアジアウインターベースボールリーグ(AWB)に参加。18試合に出場し、打率.280、2本塁打、13打点と結果を残した。また、今シーズン初の対外試合となったLamigo(台湾)との交流試合では、本塁打に三塁打と2本の長打を放つなど、成長著しい姿を見せた。

 遊撃のレギュラー奪取に向けては、中村奨悟、三木亮、大嶺翔太、高濱卓也とライバルは多い。しかし、平沢は「チャンスだと思う」とコメント。強い気持ちで前を見据えている。


◎故障を乗り越え3番手に浮上した安樂智大(楽天)


 2013年のセンバツ。安樂智大は済美高の2年生エースとして5試合で772球を投げ抜き、投手の放る球数にデリケートなアメリカのメディアからも「クレイジー」と波紋を呼んだ。その後、故障の苦しみを味わったが、あの甲子園の熱投から4年が経った今、楽天先発陣の3番手候補にまでのし上がってきた。

 2月中盤に行われたハンファ(韓国)との練習試合では3回を投げ1被安打、無失点、3奪三振でまとめてみせた。梨田昌孝監督も「大人のピッチング」と賞賛。また、三木谷浩史オーナーは「則本、岸に続く三本柱でいけるんじゃないか?」と話すなど、評価は上がっている。

 プロ3年目となる今シーズン、先発ローテーションの一員として、フルに1年間を戦うことに期待したい。


◎2年目で4番争いに名乗りを挙げた吉田正尚(オリックス)


 昨シーズンはルーキーながら、開幕戦で1番・指名打者としてスタメン出場を果たした吉田正尚。今シーズンはクリーンアップを務めることが濃厚だ。

 オフのアジアウインターベースボールリーグでは18試合で打率.556、6本塁打、29打点と異次元の成績で周囲を驚かせた。

 キャンプでも紅白戦、練習試合で本塁打を量産。糸井嘉男の抜けた穴をしっかりと埋め、T-岡田、新外国人選手のロメロと4番を争っている。

 今シーズンは、豪快なフルスイングから放たれる本塁打を何本見せてくれるだろうか。


文=勝田 聡(かつた さとし)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. プロ野球コラム&ニュース一覧#8
  3. 《プロ野球・2017年の展望》菊池雄星、高速フォークで初タイトルなるか? パ・リーグの注目選手!

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.