週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

《プロ野球コスパランキング》野手編・年俸から1併殺あたりの金額を割り出してみた【ベスト10】

《野手編・1併殺の値段ベスト10》
(8月31日現在で10併殺以上を記録した野手対象)

1位 新井貴浩(広)  1,818,182円
 11併殺 推定年棒 2000万円

2位 エルナンデス(中)3,000,000円
 10併殺 推定年棒 3000万円

3位 レアード(日)  3,750,000円
 16併殺 推定年棒 6000万円

4位 角中勝也(ロ)  5,916,667円
 12併殺 推定年棒 7100万円

5位 浅村栄斗(西)  6,500,000円
 12併殺 推定年棒 7800万円

6位 川端慎吾(ヤ)  6,538,462円
 13併殺 推定年俸 8500万円

7位 福留孝介(神)  11,538,462円
 13併殺 推定年俸 1億5000万円

8位 ロペス(横)   12,500,000円
 12併殺 推定年俸 1億5000万円

9位 メヒア(西)   15,000,000円
 12併殺 推定年俸 1億8000万円

10位 ゴメス(神)  15,384,615円
 13併殺 推定年俸 2億円


ツラゲで有名なあの選手の値段は?


 併殺に関するコスパは、8月末までに10併殺以上を記録した打者を対象とした。

 ベストランキングでは、「ツラゲ」(ご存じない方はググるべし)で有名な新井貴浩の1併殺あたりの値段は、約182万円。2位以下を大きく突き放す良コスパとなっている。


優良助っ人のレアード


 3位のレアードは、9月26日終了時点で、併殺数はリーグ2位で打率も2割台前半。しかし、チームトップの30本以上の本塁打を放っている。他の数値は目をつぶるべきなのかもしれない。

 日本ハムとは、来季の契約も決まったとの報道があるレアード。年棒アップは間違いないところではあるものの、来季は併殺数にも注目してみたい。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方