週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 香川みどころ】県内の140キロ超投手は、現在6名!! 通算20本超打者は、右の千原、左の水野

投手編〜東に西に逸材たちが点在

注目投手 山花悠陽

 今年の香川県投手陣は現時点で140キロ超が6名、うち2年生2名。
130キロ後半となると10名以上がひしめく。

 大会連覇を目指す三本松の山花悠陽は最速141キロ。
春県大会は成長痛で登板なしも、上体の強さを利したストレートとスライダーは全国でも通用する。

 4枚ないし5枚の投手陣が控える藤井学園寒川の最速140キロ・山岡龍弥は2年夏までケガに苦しむも、春を迎えてストレートのボリュームが明らかに増した。
広陵(広島)から転入し、春の県大会に登板した中山稜也も、元京都翔英監督・太田弘昭コーチの指導を受けメンタル強化を図る。

 春の四国大会を制覇した大手前高松のエースナンバーは、最速139キロ右腕の中村公俊。
スタミナ面にやや不安があるものの、縦のスライダーにはキレがある。

 丸亀城西の巨漢右腕・大前輝明は、130キロ後半を9イニング通じマークするスタミナが自慢。
そしてNPBスカウトも注目する東山玲士は春以降ややフォームを崩しているが、本来パワーロスのない柔軟性が魅力である。

 そして丸亀市のもう一校、藤井の山上達貴は、右サイドから130キロ後半ストレートを連発。
故障が完全に癒えれば、次のステージでは面白い存在である。

■来季ドラフト候補2年生たち

 2年生にも来季ドラフト候補に挙がりそうな投手が複数いる。

 初戦敗退に終わったセンバツで11奪三振と奮闘した英明・黒河竜司は「屋島中時代からこの投げ方だった」というノーラン・ライアン風フォームからストレート、ツーシームを低めに集めれば、藤井学園寒川の加茂優太は140キロ台の快速球と正統系スライダーが持ち味。
高松商の左腕・香川卓摩は、成田翔(ロッテ)を思わせるクレバーな配球が光る。

野手編〜長距離砲・右の千原に左の水野

注目野手 千原 凌平

現在県内で高校通算20本を超えているのは、右の千原凌平(英明)に左の水野達稀(丸亀城西)。
ともに本来は中距離タイプだかが、ツボにくればスタンド中段まで運ぶ力がある。

 大手前高松の山本大輔、内田峻太は秋までの俊足好打から「俊足強打」へのモデルチェンジに成功。
春の四国大会で放った一発はいずれも「打った瞬間」だった。

 馬力系代表格は高松商の女房役・藤川眞嘉。
昨秋四国大会・鳴門戦で豪快なグランドスラム、秋の高野連招待試合・健大高崎戦でも中越えサヨナラ打を放っている。

■玄人好みの職人たち

一方、職人たちも負けてはいない。
三本松の内野手・下地海誠と中堅手・大久保祥吾は昨夏の甲子園の実績を考えれば、もっとできる実力者。
米麦波留と篠宮周平が組む高松商の二遊間も中日時代の「アライバ」的雰囲気を漂わす。

 高松南の岩田大輝はまだ無名。
身長も168センチながら多木裕史(トヨタ自動車)の父・教雄監督が「手塩にかけて育てた」リードと強肩は見ものである。

 さらに中堅手では大西真哉(尽誠学園)や池田将馬(琴平)。
遊撃手は横山海斗(観音寺総合)なども脚を使える好選手である。

大会展望〜大阪桐蔭との対戦を「タフさ」の材料にできるか?

香川 勢力ピラミッド

 シード4校は春の県大会を制し、四国大会順位決定戦も勝利した大手前高松を第1シードに、英明、藤井学園寒川、高松商の順。
とはいえ、昨年甲子園ベスト8へ躍進した三本松のようなタフさは、4校ともまだないのが現状である。
さらに三本松、丸亀、丸亀城西、尽誠学園などはシード校と比べてもそん色ないタレントがそろう。
シード校は6月16・17日に大阪桐蔭と対戦する香川県高野連招待試合で「タフさ」を身につけられるかが、頂点獲得へのかぎとなる。

記事タグ
記事をシェアする
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方