野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
野球太郎 選手名鑑|ドラフト候補・指名選手・有望選手 4358名収録 2017年ドラフト指名選手の情報を見にいく

新ルールを制するものはペナントを制す!? 「本塁クロスプレー禁止」でプロ野球はどう変わる?

2016-02-03(水)0:00


 野球のあり方が変わる! そんな意見まで生まれているのが、今季からプロ野球で導入される「本塁クロスプレー」に関する新ルールだ。

 大ケガにつながる危険性が高いことから、(1)落球を誘うために走者が捕手にタックルすることを禁止。(2)捕球していない捕手が本塁上で走者をブロックすることを禁止(走路に立つことも禁止)。という主旨のルール変更が導入されることになった。

 春季キャンプでは守備、走塁、そして審判のジャッジにおいてもこの新ルールへの対応準備に追われることになる。ところが、今回のルール変更による影響については解説者によっても意見が分かれているのが現状だ。いくつかの項目に分けて見ていこう。


◎「得点が増える」は本当?


 まずひとつは「得点が増える」という意見。クロスプレーの心配がないため、三塁にランナーがいる場合、これまで以上に「ゴロ&ゴー」のスタートが積極的にできる。結果、点が入りやすくなる、という考えだ。

 ところが、事はそう単純ではない。NPBよりも一足先、2014年から「本塁クロスプレー禁止」を導入したMLBでは、その最初のシーズンに1981年以降で最低のリーグ得点数を記録してしまったのだ。

 もちろん、得点の増減にからむ要因はひとつではない。だが、「クロスプレーを禁止すれば得点が増える」という意見もちょっと短絡的すぎる、と考えるに足りるデータではないだろうか。


◎誰の腕の見せどころ?


 今回の新ルールで、これまで「ブロック技術」を売りにしてきた捕手の腕の見せどころがなくなる、という意見もある。一方で、これで守備の負担が減り、これまで以上にリード面やキャッチング、打撃に専念できる、という見方もある。

 今年のキャンプで話題となっているのが、巨人・阿部慎之助の捕手復帰。そもそも、阿部が捕手から一塁にコンバートした最大の理由は、捕手として衰えたからではなく、体の酷使を未然に防ぐことで打撃に専念させるため、だった。であるならば、今回のルール変更はまさに阿部が捕手に戻るには好都合だ。

 また、見方を変えれば、別の新たな技術の見せ場が増える、ということでもある。具体的には「走者の走塁技術」「捕手のタッチ技術」「三塁コーチャーの判断力」「審判のジャッジメント」だ。


◎新ルールを制するものはペナントを制す!?


 まず、「走者の走塁技術」。クロスプレーができず、走路も空けておかなければならないことから、基本的に捕手のタッチは「追いタッチ」となる。つまり、これまで以上にタッチをかいくぐるスライディング技術が得点増の鍵、といえる。たとえば、数々の妙技で「神スライディング」なる異名まで持つ巨人の鈴木尚広など、走塁のスペシャリストがこれまで以上に重宝されるはずだ。

 一方、捕手の方でも、追いタッチでもしっかりと走者を捕まえる技術が求められることになる。

 また、走者を突入させるべきかどうか、三塁コーチャーの判断力はより一層難しくなる。ランナーの足、野手の肩、捕手のタッチ技術……これらをいかに見極められるかが鍵を握る。

 そして、走者・捕手がルール違反をしていないか、追いタッチはしっかりできていたか、など、審判が新ルールに対応できるかもファンはしっかり見極めなければならない。

 この点に関しては、今季から本塁上でのクロスプレーで疑義が生じた場合、ビデオ判定が導入されることが既に決まっている。といっても、毎回毎回ビデオ判定に頼るわけにはいかないはずだ。そして、ビデオ判定があることでかえって揉める場合もある、というのは昨今のプロ野球でおなじみの光景だ。機械に頼る場面でこそ、審判としての威厳と説明能力が求められる、ということを各審判には改めて自覚していただきたい。

 今年のキャンプでは、ここまで挙げた「走者の走塁技術」「捕手のタッチ技術」「三塁コーチャーの判断力」「審判のジャッジメント」を見直すトレーニングやミーティングが多くなるはずだ。実際、かつて侍ジャパンでも三塁コーチャーを務めた阪神の高代延博ヘッドコーチは、「投手にもスライディングの練習をさせたい」「捕手には内野手のようなタッチも練習させる」といった発言を昨秋の時点でつぶやいている。

 余談だが、クロスプレーの英語表記は「cross play」(交錯する)ではなく、「close play」(閉め出す)だ。新ルールに対応できなければ、必然、優勝争いから閉め出される……という意味合いも含んでいる、というのは考えすぎか? 新ルールを制し、ペナントを制するのはどのチームなのだろうか?


文=オグマナオト(おぐま・なおと)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#71
  3. 新ルールを制するものはペナントを制す!? 「本塁クロスプレー禁止」でプロ野球はどう変わる?

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.