野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
この記事は無料公開中です

再びチームの「柱」へ。目下、パリーグの隠れ首位打者、楽天・聖澤の活躍に注目せよ!

2016-05-05(木)0:00


 出場機会を減らした中堅選手が、再びチームの「柱」になるべく活躍を続けている。プロ9年目の今季、目標に「100試合100安打」を掲げる楽天の聖澤諒だ。

 野村克也監督時代の2007年、大学生・社会人ドラフト4位で國學院大から楽天入り。1年目から代走などで出場した。2010年にマーティ・ブラウン監督の抜擢を受け、センターのレギュラーに定着すると、星野仙一監督が指揮を執った4年間は主力としてプレー。2011年は球団初の全試合出場。翌2012年は52盗塁で盗塁王。4年連続規定打席到達の2013年は日本シリーズでチームトップの打率.471を叩き出し、日本一に貢献した。しかしこの2年間、ケガや不振で出場機会が減少、成績も下降の一途をたどっていた。

◎目下、パリーグの「隠れ首位打者」の活躍

 30歳で開幕を迎えた今年も置かれた立場は厳しかった。オコエ瑠偉、福田将儀など新戦力の入団や若手の台頭、昨年不振だった岡島豪郎の復活、梨田昌孝監督による松井稼頭央開幕センター構想などもあり、楽天の外野は例年に増して激戦区になったからだ。限られた出場機会になったオープン戦では十分なアピールができずに終わる。しかし、開幕後に巡ってきたチャンスを一気につかみ取った。

 転機は今季初スタメンの4月2日・西武戦だ。その数日前、センターで出場を続けてきた松井稼頭央が右膝を痛めた。その代役で起用され、この試合で放った今季初安打が決勝点を叩き出すタイムリーになった。

 以降、スタメンが増え、センターの「聖域」をみごとに奪還した。複数安打は8試合を数え、猛打賞はチーム2位の4試合。5月1日現在、81打席で打率.357は、パ・リーグ50打席以上の打者55人中1位と「隠れ首位打者」である。規定打席には少し足りないが、このままの状態を維持できれば近いうちに打率ランキングのトップへ一気に踊り出る可能性は高い。

◎恩師に師事を仰ぎ、弱点克服。改善に向かう空振り率、三振率

 年明けに母校・國學院大で恩師・竹田利秋氏に師事を仰いだ打撃フォームの修正が奏功している。従来は空振り率が10%を超え、ここ3年は全打席に占める三振の割合が20%と多く、もろさも目立った。

 しかし今年は球を引きつけてから打ち返すスタイルでその弱点を克服しつつある。空振り率は5.8%。三振率は11.1%と大きく改善され、2ストライク以降の打率も.333と高い。最近は攻撃の起点を担うケースが増えている。


◎通算200盗塁も間近。梨田楽天の「柱」を担う挑戦が続く

 長野市の駅前に「牛たん柱」というスポーツ酒場がある。仙台と信州名物に舌鼓を打つことができるバーは、聖澤が経営に携わる。店名はチームの「柱」を担いたいという決意で2013年開幕前に色紙に書き記した一字からきている。通算200盗塁にあと5と迫った背番号23が往時の輝きを取り戻し、チームの「柱」として梨田楽天を支えることを期待したい。


文=柴川友次(しばかわ・ゆうじ)
信州在住。郷里の英雄・真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドに見える、楽天応援の野球ブロガー。各種記録や指標等で楽天の魅力や特徴、現在地を定点観測するブログを2009年から運営の傍ら、有料メルマガやネットメディアにも寄稿。

新着記事

人気記事

注目特集記事

毎週特集連載
今週の特集|プロ野球と高校野球

選手名鑑見出し
選手名鑑|ドラフト候補選手

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し設置
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#46
  3. 再びチームの「柱」へ。目下、パリーグの隠れ首位打者、楽天・聖澤の活躍に注目せよ!

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.