野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
高校野球の選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<

《高校野球ニュース》清宮幸太郎(早稲田実)が『逃げ恥』超え!?  万波中正(横浜)は二刀流?

2017-05-23(火)12:00

人気ドラマの視聴数を超え、熱狂的フィーバーを巻き起こしている清宮幸太郎(早稲田実業)

 地区大会が始まった地域と終わった地域。気候や寒暖の差によって開催時期のズレがあり、高校野球を通してあらためて「狭いようで広い日本列島」を感じる。

 週刊野球太郎では『夏まで待てない! 春の高校野球ニュース!!』を連載。「あの強豪校は?」「あのドラフト候補の調子は?」「あの地区のライバル対決は?」など、気になる春の高校野球情報をドドンとお届けしていく。

 今回は強豪ひしめく関東大会のニュースを中心にお届けしよう。

◎関東の猛者による熱戦の火ぶたが切られた!


 5月20日、茨城県で関東の猛者が集結する春季関東大会が開幕した。

 初日は神奈川勢(横浜、東海大相模)と群馬勢(前橋育英、健大高崎)が躍動。横浜は土浦湖北(茨城)に10対0(7回コールド)、東海大相模は千葉敬愛(千葉)に14対2(5回コールド)、健大高崎は石岡一(茨城)に7対0(8回コールド)と、4試合中3試合がコールド決着となった。

 一方、前橋育英は駿台甲府(山梨)と戦い、両チームともゼロ行進のまま延長戦に突入。タイプレークの末、前橋育英が1対0サヨナラ勝ちを収めた。

(横浜は21日に行われた2回戦で埼玉・浦和学院に0対2で惜敗、健大高崎は山梨・山梨学院を4対3で振り切った)

◎期待に応え続ける使命感


 春季関東大会の2日目(5月21日)では、清宮幸太郎(早稲田実、3年)が出陣。

 当初、東京1位チームの初戦は収容人数2万人の水戸市民球場で行われるはずだったが、「清宮フィーバー」を考慮して、2万5000人を収容できるひたちなか市民球場へ変更された。

 早稲田実と花咲徳栄(埼玉)の好試合は延長戦に突入。早稲田実は10回表に2点を奪われるも10回裏に3点を挙げ、10対9で劇的な逆転勝ち。清宮も94号本塁打を放った。

 この一戦のスタンドの様子を見ると、試合開始前には1万3000人収容の内野スタンドは満席、外野芝生席もほぼ埋まっていた。収容人数の多いひたちなか市民球場を変更して正解だった。期待に応え続ける男・清宮の人気は夏に向けさらに高まっていくだろう。


◎インターネットでも清宮祭り


 清宮といえば、RKK招待高校野球大会・秀岳館戦で起こった「2番打者敬遠からの3番・清宮勝負」の敬遠騒動も記憶に新しい。

 この試合はRKK(熊本放送)でライブ配信されたのだが、なんと同局史上最多の2万8000回の視聴数を記録したという。

 ちなみにこれまでの1日最多視聴数は、昨年放送されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の関連映像で1万3000回。人気ドラマにダブルスコアをつけて、清宮の圧勝となった。

 「前打者敬遠」という新たな伝説の裏で、怪物は密かに史上最多記録を作っていたのだ。


◎次なる二刀流戦士が現わる


 関東大会序盤で注目を集めたのは、コンゴ人の父を持つ万波中正(横浜、2年)。

 先述した土浦湖北戦では「5番・右翼」で出場し4打数2安打と活躍。7回裏からはマウンドに上がり、自己最速を更新する145キロをマーク。一冬越えての成長ぶりを見せつけた。

 現在の主なポジションは外野なので、投手起用はオプションのようだが、「二刀流」としてプレーの幅と視野を広げるのは、経験を積む上でいいことだろう。また、高校野球ファンにとっても逸材の投打に渡る活躍を堪能する楽しみが増えた。


◎名監督の花道を飾ることができるか


 春季新潟県大会決勝は、日本文理と中越という甲子園常連校による決戦に。

 ライバルの意地の張り合いになるかと見られた試合は、フタを開けてみると、日本文理打線が16安打と爆発。14対1の大差で、昨秋に続く2季連続優勝を果たした。

 夏の甲子園・新潟代表最右翼の日本文理だが、同校を全国屈指の強豪校に育て上げた名将・大井道夫監督は今年の夏限りでの勇退が発表されている。

 「新潟から全国優勝」を夢見た大井監督の甲子園最高成績は2009年夏の準優勝。鍛え上げた教え子とともに最後の夏に挑む今年、新潟球界に最高の置き土産を残せるか。大井監督と日本文理ナインの戦いに注目したい。


◎これぞ4番の“2振り”で決めた優勝


 智辯学園と奈良大付がぶつかった春季奈良県大会の決勝は、智辯学園の劇的なサヨナラ勝利で幕を下ろした。

 先制したのは奈良大付。初回に6点を奪って主導権を握ると、7回まで智辯学園打線を零封。

 ワンサイドゲームで大勢は決したと思われたが、ここから智辯学園が意地を見せる。8回に4番・太田英毅(3年)の3ランホームランなどで追い上げると、4対6で迎えた9回には、またもや太田が3ランホームランを叩き込み7対6と大逆転。

 太田が「これぞ4番」という2振りでゲームをひっくり返した。

 智辯学園は奈良の高校野球史に残る逆転劇で、2年連続13度目の春季奈良県県大会優勝を飾った。


◎大阪桐蔭が“大阪桐蔭”であり続ける育成力


 「センバツ王者」「春の大阪王者」として近畿大会へ臨む大阪桐蔭。春季大阪府大会では、夏に向けて楽しみな2年生投手が2人台頭した。

 1人は柿木蓮(2年)。中学時代にボーイズリーグ日本代表に選ばれた本格派右腕は、140キロを超えるストレートを武器に、準々決勝の上宮戦では13奪三振をマークした。

 もう1人は左腕の横山凱(2年)。準決勝の東海大仰星戦で7回2失点と好投。5回戦でセンバツ準優勝の履正社を9対8で破った東海大仰星打線を抑えてみせた。しかし、試合後は「やっぱり力不足」と反省の弁ばかりだったという。

 2度目の甲子園春夏連覇を狙う大阪桐蔭は育成も抜かりなし。盤石の王者には一分のスキもなさそうだ。


◎加齢で高校野球の見方が変わる?


 各地の春季大会を見渡すと、万波(横浜)、大阪桐蔭の2人の2年生投手など、下級生世代のスター候補も順調に芽を出してきた。

 今年はもちろん、全国高校野球選手権100周年の来年まで盛り上がりが続くの必至。願わくば、ケガなく成長してほしいものだ。

 筆者は30代半ば。選手の活躍度合いもさることながら、徐々に「無事にプレーしてほしい」という親目線に近い見方もするようになってきた。年齢によって高校野球の見方も変わっていくのかもしれない。


文=森田真悟(もりた・しんご)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 高校野球・ドラフト情報コラム&ニュース一覧#5
  3. 《高校野球ニュース》清宮幸太郎(早稲田実)が『逃げ恥』超え!?  万波中正(横浜)は二刀流?

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.