週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

今季レアードが達成したレア記録は!? 忘年会までに仕込みたい「野球トリビア」をクイズ形式で紹介!


 野球好きなら一度はやったことがあるであろう「野球トリビア」の出題。

 これからの忘年会シーズンに向けてなんの役にも立たないかもしれず、ましてや生きていく上ではなんの役にも立たない野球の知識だが、しかし、つい人に教えたくなってしまうような野球トリビアをクイズ形式ご紹介したい。

 野球ファンが集まる忘年会があれば、披露してみてはいかがだろうか。

野球トリビア:2016年シーズン編


【Q1】2016年のオープン戦、レギュラーシーズン、オールスターゲーム、CS、日本シリーズと全試合出場した選手は誰だ?

 これは2016年シーズンの143試合出場した選手ということではない。オープン戦、レギュラーシーズン(143試合)、オールスター(2試合)、CS、日本シリーズのすべてに出場した選手が1名存在するのだ。ヒントはオールスターゲームに出場している野手。そして、所属球団は日本シリーズに出場しているということだ。

 答えは本稿の最後に記してあるので、このままQ2に進んでいこう。

【Q2】2016年オープン戦、レギュラーシーズン、オールスターゲーム、CSまで全試合出場したのは誰だ?

 Q1の答えは、該当の選手が日本シリーズ出場チームに限られてしまうので簡単すぎたかもしれない。

 一方、日本シリーズには出場を果たしていないがオープン戦からCSまで全試合に出場した選手もいる。ヒントは日本ハム、広島以外のCS出場球団のオールスター出場選手。チームの柱としての多くの出場数を誇りながら近年、期待の若手が入団したことによりコンバートの可能性も否定できない選手、というのが大きなヒントとなるかもしれない。

【Q3】2016年シーズン山田哲人以外の「20本・20盗塁」達成者は誰だ?

 今シーズンは山田哲人(ヤクルト)が前人未到の2年連続トリプルスリーを達成。昨シーズンは柳田悠岐(ソフトバンク)もトリプルスリーを達成していることもあり、トリプルスリーが簡単そうに見えてしまうのが恐ろしい。

 そのトリプルスリーを達成するためにクリアしなくてはいけない「20本・20盗塁」を達成している選手は、山田を除いてただ1人。さて、誰だろうか?

【Q4】両リーグを通じて、2016年シーズン全試合に出場し守備率10割を記録した選手は誰?

 今シーズンのレギュラーシーズン143試合の全てに出場し、守備率10割の選手がいる。守備の名手という印象はない選手だが、全試合に出場し守備率10割は大記録だ。これは2011年の坂口智隆(当時・オリックス)、岡田幸文(ロッテ)以来の記録となる。


野球トリビア:歴史編


【Q1】プロ野球に在籍した昭和64年生まれの選手は誰だ?

 昭和64(1989)年は1月1日から1月7日までの7日間のみの年度だ。リオ・オリンピックで2大会連続金メダルを獲得した内村航平が昭和64年1月3日生まれで衆目を集めたが、プロ野球界にも過去1人だけ昭和64年生まれが在籍していた。

【Q2】1球勝利、1球敗戦、1球セーブ、1球ホールドをすべて達成している投手は誰だ?

 今シーズン、楽天の金刃憲人が1球勝利を2度達成し注目を浴びた。同一シーズンでの達成はもちろん、通算でも2度の1球勝利は史上初の快挙だ。

 さて、プロ野球の長い歴史のなかには1球勝利、1球敗戦、1球セーブ、1球ホールドを達成しているレアな選手がいるのだが、それは誰だろう。


回答編


 答えは以下の通り。

【2016年シーズン編】
A1:レアード(日本ハム)
A2:鈴木大地(ロッテ)
A3:丸佳浩(広島)
A4:秋山翔吾(西武)

【歴史編】
A1:辻本賢人(元阪神)
A2:落合英二(元中日)

 何問正解だっただろうか。マニアックな野球ファンには簡単すぎたかもしれないが、こういった野球トリビアを野球飲み会、野球ファンが集まる忘年会で披露し、ぜひ野球ファンの輪を広めてほしい。


文=勝田聡(かつた さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
おすすめ特集
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方