週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

初めて手にした自由? 完全復活に懸ける鳥谷敬が過ごした「周りに支えられて」のキャンプ


 今年ほど話題が豊富な阪神のキャンプは過去にはなかったのではないだろうか。

 キャンプ初日から故障で出遅れたものの、第4クールのフリーバッティングでは格の違いを見せつけた糸井嘉男。

 実戦でなかなかヒットが出ず、金本知憲監督をやきもきさせたが、2月22日の紅白戦でようやくマルチ安打を放ったドラ1・大山悠輔。

 4番候補として来日するもサク越えがほとんどなく、おまけに胃腸炎で早々に離脱と、未だ不安要素を残すキャンベル。

 連日WBC使用球で投げ込み、練習試合ではWBC仕様のマウンドと特別待遇を受け、皆の期待を一身に背負う藤浪晋太郎。

 そして昨シーズン、「超変革」でチャンスをつかみ、台頭を表した若虎たちなど、話題は尽きない。

 ただそのなかにあって、昨シーズン、嫌というほど騒がれ、絶不調で1年を終えた鳥谷敬は周りに惑わされず、マイペースで調整しているように見える。

鳥谷敬がサプライズで登場した粋な演出


 このキャンプで鳥谷が唯一脚光を浴びた場面といえば、2月8日の紅白戦だろう。

 この日、スタメンには名を連ねていなかった鳥谷だったが、サプライズで9番・指名打者として登場。藤浪からライトにクリーンヒットを放ったのだ。

 「9番指名打者、鳥谷」とアナウンスされた瞬間、場内は万雷の拍手につつまれ、快音を残して鋭いライナー性の打球が飛ぶと、観客はどよめいた。

 ただの紅白戦。しかも1打席の出来事ではあるが、昨シーズンの鳥谷の苦悩を感じとったファンの多くが、復活を期待しているのがわかるシーンだった。

自らのペースで調整できる機会を得た鳥谷


 現在、レギュラーの確約がない鳥谷にとって、ポジション争いという面では過酷なキャンプだったに違いはない。昨シーズン終盤、成長著しい北條史也に奪われたショートの座は、そう簡単には戻ってはこない。

 しかし、昨シーズンの鳥谷を襲っていた「キャプテンとしての果たすべき責任」や、「フルイニング連続試合出場」などのプレッシャーからは開放された。

 キャプテンの役割は、福留孝介が鳥谷に代わり引き受け、チームの主軸としての役割は、糸井嘉男が引き受けてくれているからだ。

 そういう意味では、プロ野球きっての人気球団ゆえに必要以上に騒がれる阪神にあって、入団以来、初めて自由に自らのペースで調整できる機会を得たのかもしれない。


鳥谷を完全復活へと導く福留孝介、そして多くのファン


 このキャンプでは、鳥谷は福留と行動をともにすることが多い。1年間、鳥谷からキャプテンマークを預かったという福留が、その言動を通して鳥谷の復活を導いているようにさえ見える。

 お互いに一歩も引かない北條との過酷なポジション争いは繰り広げられているが、いざ実戦が始まれば、2人のどちらかがサードまたはセカンドに回り、ともに内野のレギュラーとして戦うのは間違いないだろう。

 若手がめまぐるしく台頭しているとはいえ、鳥谷をはじめ、福留、糸井などのベテランの力なくして、今シーズンのペナントレースは他チームと互角には戦えない。

 そして、悩み苦しむ鳥谷の姿を見てきた多くのファンにとっては、鳥谷が完全復活してこその優勝でなければ、本当の意味で勝利の美酒に酔うことができないのだ。


文=まろ麻呂
企業コンサルタントに携わった経験を活かし、子どものころから愛してやまない野球を、鋭い視点と深い洞察力で見つめる。「野球をよりわかりやすく、より面白く観るには!」をモットーに、日々書き綴っている。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方