野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<

アナタが支える明日のパ・リーグ。源田壮亮(西武)、茂木栄五郎(楽天)ら未来を託せる若手野手!

2017-05-18(木)0:00

ルーキーながら開幕スタメンを勝ち取った源田壮亮(西武)と2年目のジンクスを感じさせない実力を見せる茂木栄五郎(楽天)

 西武ファンの筆者にとって、今季、ここまでの嬉しい誤算といえば源田壮亮の大活躍。

 中島宏之(オリックス)がチームを離れて以来、浅村栄斗をしても定着できなかった西武の正遊撃手の座を、ついに射止めようとするルーキーが出現したことは、嬉しい限りだ。

 今季は、他球団にも「未来の明るい若手」がひしめいていることから、数年後にパ・リーグ新時代のターニングポイントとして振り返る年になるかもしれない。

 そこで今回は、今の奮闘ぶりを楽しみつつ、未来に思いを馳せたくなる若手野手にクローズアップ。

◎辻チルドレンの一番手が絶賛躍動中


 冒頭でも触れたが、一番に挙げたい若手は、ルーキーながら全試合全イニングに出場し、日に日に存在感を高めている源田だ。

 守備重視を掲げた辻発彦新監督のもと、社会人で指折りだった守備力を買われて開幕戦に9番・遊撃で出場。安打こそ出なかったが、バントに犠牲フライと渋い働きを見せ、下位打線と上位打線のつなぎ役を果たした。

 ドラフト時から「守備に比べて打撃はイマイチ……」と評価されていたため、しばらくは9番で固定されると思いきや、5試合目で早くも2番に昇格。すると人が変わったかのように安打を量産し始める。

 驚いたのは4月21日の日本ハム戦から4月28日のロッテ戦にかけて、7試合連続安打を放ったこと。うち5試合でマルチ安打、1試合で猛打賞と14安打を荒稼ぎし、打率を爆上げした。

 その後もほぼ止まらず打ち続け、打率.314でパ・リーグの打率ランキング8位に食い込んできた。7位につけるチームメイトの秋山翔吾(打率.319)を抜きそうな気配を漂わせるほどのブレイクだ。

 ちなみに肝心の守備は、3、4月は23試合で6つの失策を犯したが、5月は11試合でいまだノーエラー。打撃の調子がよくても、調子に乗ってポカをやらかさないのは大学(愛知学院大)や社会人(トヨタ自動車)での経験が生きているからだろう。

 辻野球の申し子から、まだまだ目が離せない。

◎2年目のジンクスを吹き飛ばす打棒


 パ・リーグの首位を守る楽天。勝ち星を積み上げてきた原動力の一つが、2年目にしてリードオフマンの座をつかんだ茂木栄五郎だ。

 昨季は打率.278、7本塁打を記録。高梨裕稔(日本ハム)と新人王を争いながら15票差で涙をのんだ。

 その悔しさをぶつけるかのように、今季は開幕から順調に安打を積み重ね、打率3割台をキープ。本塁打も5月14日のソフトバンク戦で8号を放ち、早くも昨季の本塁打数を超えた。

 守備面でも大きく成長。元々は三塁手だったが、プロで本格的に始めた遊撃手としてのプレーも板についてきた。今季は失策が2つ。昨季の19失策を思うと、ベンチもファンも安心して見られるようになったはず。

 攻守に渡って劇的な進化を遂げている茂木は、シーズン終了時にどんな成績を残しているのか。


◎「ポスト柳田」とはオレのこと!


 なかなか1番打者を固められず、4月の終盤から1番が日替わりとなっているソフトバンク。3番・柳田悠岐、チームリーダー・松田宣浩の不調もあり、下位に低迷していたが、それでも勝ち星(23勝)で首位・楽天と肩を並べるまでに上昇。優勝候補筆頭の底力を発揮してきた。

 開幕から不調をかこった面々を支えたのは、打率.343の4番・内川聖一、リーグ2位タイの9本塁打のデスパイネ。そして、プロ入り4年目ブレイク中の外野手・上林誠知だ。

 高校球界の名門・仙台育英で1年から4番を打っていたスラッガーは、プロ入り2年目の2015年に、1軍で15試合の出場ながら打率3割をマーク。ブレイクの片鱗を見せていた。

 昨季は14試合で打率.211と振るわなかったが、捲土重来、今季は開幕1軍をゲット。まだ規定打席未満ではあるものの、打率.308、6本塁打、17打点と、鷹打線に厚みを加えている。

 5月に入ってからは、1試合2本塁打、2試合連続本塁打、猛打賞2回と、無双状態。試しに柳田に代えて3番で起用したり、1番打者で起用してみても……、と思わずにはいられない。


◎パ・リーグ1年生が


 プロ入り9年目……と書くと、「若手」にはそぐわないと感じる人もいるかと思うが、「パ・リーグ1年生」ということで、あえてここで触れたいのが大田泰示(日本ハム)だ。

 昨オフの仰天トレードで日本ハムにやってきて、心機一転と思いきや、ケガで開幕2軍スタート。ケガという不運に見舞われたとはいえ、トレードという「ショック療法」でも開花できないとなると、いよいよ崖っぷちも崖っぷち。大田の未来を危惧する向きも多かったのではないだろうか。

 しかし、チームが借金11という未曾有の窮地に追い込まれるなか、4月23日に1軍から声がかかる。昇格直後、チームは3連敗したものの、大田が今季初本塁打を放った4月29日の楽天戦から、なんと11勝3敗と息を吹き返した。

 「華のある男」大田の一発がチームに勢いをもたらしたことは想像に難くない。

 打率は.228と上がってこないが、5月3日のロッテ戦ではサヨナラヒットを放ち、チームは最下位を脱出。5月12日のロッテ戦では涌井秀章から2本塁打を放ってみせた。

 パ・リーグ1年生の大田が「V字回復劇」の原動力となるか。上向くチーム状態との相乗効果で、これまでの鬱憤を晴らす活躍を見せてほしい。


◎若手が伝説の選手になる姿を見届ける


 若手が芽を出すと、そのポジションは10年安泰といわれる。それだけに球団やファンは若手の台頭に期待しているが、現実はなかなか甘くない。

 だからこそチャンスをつかんだ選手は、その「未来への種」を決して離すことなく、確固たる主力選手に育っていってほしい。そしてゆくゆくはレジェンドへ……。

 今回紹介した4人はその権利を持っている。10年後、20年後の姿が楽しみでならない。

(成績は5月15日現在)


文=森田真悟(もりた・しんご)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#18
  3. アナタが支える明日のパ・リーグ。源田壮亮(西武)、茂木栄五郎(楽天)ら未来を託せる若手野手!

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.