野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
2017.10.26ドラフト会議 清宮幸太郎 検索!

サファテ(ソフトバンク)が通算200セーブ。優勝をかけた松井裕樹(楽天)とのセーブ王争いもアツい

2017-07-10(月)0:00

サファテ(ソフトバンク)が通算200セーブ。優勝をかけた松井裕樹(楽天)とのセーブ王争いもアツい

 7月5日のソフトバンク対オリックスの一戦で、大記録が達成された。サファテ(ソフトバンク)の通算200セーブだ。

 2点リードの9回にマウンドへ上がったサファテは、いきなりオリックスの先頭打者・マレーロにセンターへの二塁打を浴び、続く西野真弘を一塁ゴロに打ち取るも1死三塁のピンチを迎える。

 しかし、そこからの粘りがサファテの持ち味であり、真骨頂。武田健吾を空振り三振、小島脩平をセンターフライに打ち取ってゲームセット。ピンチを招きつつも、しっかり無失点で締め、今季25セーブ目をマーク。通算では外国人初となる200セーブの大台に乗せた。

◎今季末には5位に迫る!?


 サファテの通算200セーブは歴代6位。その上位の通算セーブ記録を見てみよう。

1位 岩瀬仁紀(中日):403セーブ

2位 高津臣吾(元ヤクルトほか):286セーブ

3位 佐々木主浩(元横浜ほか):252セーブ

4位 小林雅英(元ロッテほか):228セーブ

5位 藤川球児(阪神):223セーブ

6位 サファテ(ソフトバンク):200セーブ (2017年7月5日現在)

 サファテの年間セーブ数のキャリアハイは、昨季の43セーブ。勝ち試合で投げることが条件となるだけに、ソフトバンクのチーム状態にも左右されるが、このままチームの好調がこのまま続くなら、今季中に藤川球児の記録に迫るあたりまではいけるのではないか。

◎3年連続セーブ王も狙う


 また、サファテには3年連続最多セーブの記録もかかる。当面のライバルは、首位争いを繰り広げている楽天の松井裕樹だろう。

 松井裕はクローザーに転向した2015年が33セーブ、昨季も30セーブを記録している。

 前述したように、セーブは原則として勝ち試合で最後を締めた場合のみカウントされるので(点差などでセーブが付かない場合もある)、それを考えると、2015年が最下位、2016年が5位というチーム順位で30セーブ以上を記録している松井裕が、好調なチーム状態を背景に今季はさらに数字を伸ばしてくること必至。

 7月5日終了時点で、サファテが25セーブ、松井裕が23セーブ。ソフトバンクと楽天の首位争いとも絡み合って、この先も激しいタイトル争いが予想される。

 36歳(1981年4月9日生)のサファテと、21歳(1995年10月30日生)の松井。15歳差のふたりの争いは見ものだ。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 日刊トピック一覧#8
  3. サファテ(ソフトバンク)が通算200セーブ。優勝をかけた松井裕樹(楽天)とのセーブ王争いもアツい

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.