野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
野球太郎 選手名鑑|ドラフト候補・指名選手・有望選手 4358名収録 2017年ドラフト指名選手の情報を見にいく

【味わい深き珍プレー集! まさか!?編】大記録の陰で重信慎之介(巨人)がルールを知らなかった…

2017-12-05(火)12:00

【味わい深き珍プレー集! まさか!?編】大記録の陰で重信慎之介(巨人)がルールを知らなかった…

 今季も数々の珍プレーが発生したプロ野球界。先日、フジテレビ系列で3時間特番の『プロ野球珍プレー好プレー大賞2017』が放映され、そこそこの視聴率を獲得。やはり、いつの時代も珍プレー集は楽しいものだ。

 珍プレーが生まれるのは選手たちが必死でプレーしているからこそ。週刊野球太郎では噛めば噛むほど味わいが増す珍プレーを連載企画『味わい深き2017年プロ野球珍プレー集!』で紹介。今回は「まさか!?」の珍プレーを3つ振り返ってみよう。

◎消えたホームラン、そして10万号


 6月に入ってからオリックスに加入したマレーロ。入団会見では「自分に期待されているのは強い打撃。打つことでチームに貢献したい」とコメントしていた。

 その思いを結果で示すかのように、日本デビューとなった6月9日の中日戦で、レフトスタンドへの一発を放つ。しかし、ベンチ前でのハイタッチを終えたところで、まさかの事態が。中日側の「ホームベースを踏んでいない」とのアピールが認められ、マレーロはアウト。記録は三塁打となってしまった……。

 しかし、翌日の試合でもめげずに左中間スタンドに一発。今度は、しっかり両足でホームベースを踏み、正真正銘の第1号。さらに、9月29日のロッテ戦で放った今季19号は日本プロ野球通算10万号というスーパーメモリアルアーチとなり、100万円のボーナスをゲットしている。日本デビュー戦での「ホームベース踏み忘れ」があったからこそメモリアルアーチにつながったのは、たいした奇遇ぶりだ。

 と、いろいろあったマレーロだったが、最終的には今季82試合の出場で打率.290、20本塁打。9月上旬に早くも来季の契約を交わすほど球団の期待も高い。Bクラスの常連となりつつあるチームを救えるか。来季も注目だ。

◎幻弾からの神対応で男を上げた山田


 まさかの幻のホームランといえば、3月7日に行われたWBC・1次ラウンドの日本対キューバでも、こんなことがあった。

 4回裏、2死二塁。1対1の同点の場面で打席に入った山田哲人(ヤクルト)は、レフトスタンドへギリギリの大飛球を放つ。一旦は逆転本塁打として東京ドームも歓喜に包まれるも、ビデオ判定により、フェンス最前列にいた観客の少年がグラブを差し出して捕球していたことが判明。規定により二塁打に。なんと「幻のホームラン」となってしまった。

 しかし、最終的には日本打線が爆発し11対6で勝利し、やれやれと事なきを得たはずだった……。

 ところが、インターネット上には、少年の捕球シーンや、スタンド裏で少年が球場の係員にお叱り受ける画像が出回り、また翌日の新聞で大きく取り上げられたこともあって、少年の周辺が大炎上してしまう。

 この状況に胸を痛めたのは当事者の山田哲人。少年に向けてこんなコメントを発した。

「これで野球を嫌いにならないで、またグラブを持って球場に来て欲しい。今度は完璧なホームランを打つから」

 これは珍事が生んだ文句なしの好プレー。ようやく騒動は終息へと向かったのだった。


◎まさかルールを知らなかった!?


 ベース踏み忘れでは、重信慎之介(巨人)もまさかの珍プレーをやらかしている。それは8月6日の中日戦で、巨人が1点ビハインドの9回裏1死一、二塁という緊迫した場面で起こった。

 ここで、坂本勇人が右中間へライナー性の強い当たりを放つ。一塁走者の重信は外野手の間を抜けると判断し、一気に二塁へ。しかし、中日の中堅・大島洋平が好捕。二塁ベースを回っていた重信は慌てて一塁まで戻った。普通なら、2死一、二塁からゲームが再開されるところだが、次打者の阿部慎之助が打席に入ったところで、投手から二塁へ送球され、二塁手がベースにタッチ。審判がアウトのコールを発し、ゲームセットとなった。

 いったん二塁を回った一塁走者は、一塁まで戻る場合は二塁ベースを踏んで戻らなければならない。ところが重信は二塁ベースを踏まずに、ダイヤモンド内を軽くショートカットするようなルートで一塁まで戻っていたのだった。

 重信はこのルールを認識していなかったとのことで、巨人の村田真一ヘッドコーチが「ちゃんと教えていなかった我々も悪い」と責任を代弁。これもまた、まさかの珍コメントではあるが……。

 なお、最後のマウンドに立っていたのは岩瀬仁紀で、この試合で日本記録となる950試合登板を達成。あっけない幕切れに騒然とするグラウンドのなかで、記念ボードを贈られるというシーンも、珍プレー感を高めた。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. プロ野球コラム&ニュース一覧#1
  3. 【味わい深き珍プレー集! まさか!?編】大記録の陰で重信慎之介(巨人)がルールを知らなかった…

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.