野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
ドラフト注目選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<
野球太郎 選手名鑑|ドラフト候補・指名選手・有望選手 4358名収録 2017年ドラフト指名選手の情報を見にいく

《2016年プロ野球7大ニュース!》引退、移籍、休養、死去、混乱……。プレー以外の番外編!

2016-12-20(火)12:00


 今年もいろいろなことが起こった野球界。週刊野球太郎では年の瀬企画として2016年の野球界の7大ニュースを総ざらい。第3回は、プロ野球におけるプレー以外での大きなトピックスを2016年の「番外編」として振り返ってみよう。

(1)コリジョンルールとビデオ判定で悲喜こもごも
(2)王貞治を育てた荒川博コーチが死去
(3)糸井嘉男がFAで阪神へ移籍!
(4)谷繁元信監督途中降板で森繁和ヘッドが代行、そして正式に監督就任!
(5)男気・黒田博樹は203勝で引退!
(6)投手で24年連続安打、ハマの番長・三浦大輔が引退!
(7)つなぎの4番・サブローが引退!

◎コリジョンルールとビデオ判定で悲喜こもごも


 本塁突入時のクロスプレーによるケガを防止するために、2016年から導入された「コリジョンルール」。それに伴って、昨年まではフェンス際やポール付近のホームランの判定にのみ用いられていたビデオ判定が、本塁上のクロスプレーに対しても適用されることとなった。

 しかし、これが波乱を呼ぶ。3月15日のヤクルト対広島のオープン戦で、ホームでのクロスプレーがアウトからセーフへと判定が覆った。このハプニングを皮切りに、コリジョンルール適用と、ビデオ判定により単なるミスジャッジ発覚のケースが相まって、現場は混乱。審判の判断に対してNPBに意見書を提出する球団が続出したのだった。

 事態の収束を図るべく、NPBは、後半戦(7月22日)からルールの運用を一部あらためるという異例の措置に。それでも、スッキリしたとは言い難い状況のままシーズンを終えた。

 選手のケガ防止と、事実に則した正しい判定。この2つが徹底されることに反対する球界関係者、マスコミ、ファンはいないはず。毎回、誰もが納得する判定というのは難しいが、一定の基準でルールが適用されてこそ競技が成立するのも確か。来季は、どうにかいい方向に進んでほしいものだ。


◎王貞治を育てた荒川博コーチが死去


 世界のホームランキング・王貞治氏(現ソフトバンク球団会長)の育ての親である荒川博氏(元巨人コーチほか)が、12月4日、心不全のため東京都内の病院で亡くなった。86歳だった。

 真剣を使った練習、畳が擦り切れるまで続けられた素振り……。二人三脚で一本足打法を作り上げた荒川氏は、「王貞治偉人物語」には欠かせない登場人物だ。

 プロ野球のコーチを退いてからは、合気道を応用し、ゴルファーへの指導も行っており、トッププロの片山晋呉や上田桃子らも門下生だったという。

ご冥福をお祈りします。


◎糸井嘉男がFAで阪神へ移籍!


 オリックスからFA宣言していた糸井嘉男が、4年18億円以上という契約で阪神への移籍を決断した(金額は推定)。

 今季は35歳にして53盗塁というキャリアハイの盗塁数で盗塁王に輝き、打率も.306と好成績。昨季はケガもあって低迷したが、見事に復活を果たし、人気球団との大型契約を勝ち取った。

 年齢を考えても異例ともいえる長期契約だが、攻撃面だけでなくセンターライン強化という守備面のプラスも計算に入れてのオファーなのだろう。ただ、屈強そうに見える糸井だが、全試合出場は今季が始めて。ケガなく試合に出続けることがまずは最低限の仕事となる。

◎谷繁元信監督途中降板で森繁和ヘッドが代行、そして正式に監督就任!


 選手兼任として2014と2015年、専任として2016年と3年間、チームを率いていた中日の谷繁元信監督が、チーム低迷の責任を負う形で、8月9日から休養に入り、そのまま退団という事態に。

 休養後は森繁和ヘッドコーチが監督代行としてチームの指揮を執り、シーズン終了後、正式に森監督代行の監督就任が発表された。

 中日の2013年から2016年までの順位は4位、4位、5位、6位と、4年連続でBクラス。これはセ・パ2リーグ制になった1950年以降の球団史上ワーストという不名誉な記録だ。

 「谷」繁から「森」繁へ。連想ゲーム的な交代劇だが、森新監督は、中日以外にも西武、日本ハム、横浜で投手コーチを務めており、ドミニカ共和国にもパイプを持つ稀有な存在でもある。

 見た目はワイルドでダンディな森新監督が、どんなチームマネジメントを見せてくれるのか注目したい。



◎男気・黒田博樹は203勝で引退!


 広島の黒田博樹が、7月23日、マツダスタジアムでの阪神戦で、7回無失点の好投を演じ今季7勝目を挙げた。この勝利で黒田は、日米通算200勝(日本121勝、アメリカ79勝)の大台に到達。日米通算での200勝は、野茂英雄以来の史上2人目の快挙となった。

 その後も勝ち星を重ね、今季の成績は、24試合に登板し10勝8敗で防御率3.09と上々の数字。そして、日本シリーズ前には引退を表明した。

 2014年オフに、メジャー球団からの20億円以上のオファーを蹴って、古巣・広島でプレーすることを決断した黒田。その一連の行動は「男気」と称えられた。だからこそ、引退表明に対してもカープファンからは感謝の声が多く集まったのだろう。

 なお、背番号「15」は永久欠番に。その名は、文字通り永久に球史に刻まれることとなる。


◎投手で24年連続安打、ハマの番長・三浦大輔が引退!


 高卒の生え抜き投手として、25年に渡りチームを支えてきた三浦大輔が、ついに引退を表明した。

 通算172勝。200勝には届かなかったが、7月11日の中日戦で「投手として24年連続安打」というギネス認定の世界記録を達成。そして、昨年までの24年連続勝利は日本タイ記録でもある。

 「練習するしかなかった」と本人が語るドラフト6位入団選手でも、ここまでの存在になれたという経験は、近い将来、指導者としてグラウンドに戻ってきたときに、必ず役立つはずだ。


◎つなぎの4番・サブローが引退!


 「つなぎの4番」という新たなワードを生んだロッテのサブローも、22年間の現役生活にピリオドを打った。

 今季は、最後まで戦力として1軍に呼ばれることがなかったサブロー。それでも、9月25日をサブローの引退試合にするという球団発表があった瞬間、チケットは即完売に。

 最近のファンの熱さは、各球団とも甲乙付けがたいが、「声の大きさやまとまりは日本一」とサブローが称したように、ロッテファンは、選手とファンが一体化したファミリー感が強いイメージがある。だからこそ、「ロッテ→半年間だけ巨人→ロッテ」という軌跡をたどったサブローに対しても、変わらぬ熱い声援が送られたのだろう。

 現役最終打席、マリンスタジアムの場内放送を努める谷保恵美さんのラストコール「4番、ライト、サブローーーーーーー」には球場中が涙。そして、オリックスの平野佳寿が投じた149キロのストレートを右中間へ運ぶ二塁打を放ったサブローも、塁上で涙を見せたのだった。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 野球エンタメコラム一覧#4
  3. 《2016年プロ野球7大ニュース!》引退、移籍、休養、死去、混乱……。プレー以外の番外編!

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.