週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【先取り高校生ドラフト候補】二刀流・根尾昂(大阪桐蔭)、驚愕弾の万波中正(横浜)らの真価は!?

【先取り高校生ドラフト候補】二刀流・根尾昂(大阪桐蔭)、驚愕弾の万波中正(横浜)らの真価は!?

 今年も盛り上がりを見せたドラフト会議。契約交渉が終われば、各球団スカウト陣の新シーズンの幕が開ける。

 2018年のドラフトの目玉は誰になるのか。一足早く「2018先取りドラフト候補」として来春からの活躍に期待したい有望高校生野手を紹介しよう。

根尾昂(大阪桐蔭/右投左打/遊撃手)


 「歴代最強」との声もある大阪桐蔭の野手の目玉は根尾昂だ。中学時代から146キロの球速をマークし、全中スキー大会の回転で優勝するなど、華々しい実績を引っさげて入学した根尾もついに最上級生になった。

 投げては最速148キロ。秋の近畿大会では近江打線を相手に16奪三振完封の好投を見せれば、打っても圧倒的な飛距離を叩き出す。投手、遊撃手、外野手をこなし、器用がゆえに各ポジションでの完成度はまだ伸びしろあり。スケールが大きすぎる。

 日本ハム・大谷翔平がメジャーに流出確実の日本野球界だが、根尾は正真正銘の二刀流候補だ。大舞台での活躍がドラフト戦線での最後の一押しになりそう。

 大阪桐蔭の野手では中堅の藤原恭大も上位候補。


野村佑希(花咲徳栄/右投右打/外野手)


 期待の大砲では野村佑希(花咲徳栄)も要チェック。今夏の甲子園では4番として出場し、2本塁打をかっ飛ばした。注目ポイントはタイミングの取り方。きれいな弧でスイング軌道を描き、流麗にボールを巻き込んでいく。引っ張りを見るとプルヒッタータイプだが、外角にも背中をうまく使って逆方向に「引っ張る」ことができ、対応力はずば抜けている。


万波中正(横浜/右投右打/外野手)


 パワーでは万波中正(横浜)の右に出るものはいないだろう。コンゴ人の父を持ち、190センチ89キロの恵まれた体格と爆発的な身体能力を武器に、超高校級の本塁打をかっ飛ばしている。中学時代は砲丸投げの東京都大会で優勝しており、大阪桐蔭・根尾昂と同様に「スーパー中学生」の一人だった。

 粗削りな面もあるが、横浜スタジアムの電光掲示板にぶち当てたパワーは本物。春からの驚愕弾連発に期待したい。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方