週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

持ち前のバイタリティで道なき道を切り開く。5カ国を渡り歩いた波乱万丈な野球人生の始まり

持ち前のバイタリティで道なき道を切り開く。5カ国を渡り歩いた波乱万丈な野球人生の始まり

 プロ野球のOBたちに現役時代のエピソードとユニフォームを脱いでからの第2の人生に迫る『プロ野球選手だった男たち 〜あの日々、そして第2の人生〜』。2人目のプロ野球選手OBには、台湾、ダイエー、アメリカ、メキシコ、ベネズエラと5カ国の野球を渡り歩いた養父鐵氏(全4話連載)が登場。養父氏は亜細亜大、日産自動車を経て2001年に、兄弟エレファンツ(台湾)と契約。27歳でプロ野球選手となり、持ち前のバイタリティあふれるスピリットで道なき道を切り開きながら、波乱万丈の野球人生を送った。台湾では奪三振記録に台湾シリーズMVP獲得、アメリカ3Aではノーヒットノーランを記録している。

 2007年に引退した養父氏は2010年、神奈川県藤沢市にルーツベースボールアカデミーを開校。アカデミーの指導と並行して2015年は中信兄弟(台湾)の投手コーチ、2017年は四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックス(以下、徳島)の監督を務める。徳島では就任1年で独立リーグ日本一を達成。伊藤翔(西武3位)、大藏彰人(中日育成1位)と2人の投手をNPBに導いた。ユニフォームを脱いでなお、「自分の道」を進む波乱万丈な野球人生は続いている。養父氏の「ほかにない野球人生」を聞いた。

ギターを抱えた野球選手、自由人・養父鐵


 2月上旬、ルーツベースボールアカデミーを訪れると「人と話をするのが大好き」というムードの養父鐵氏が気さくに出迎えてくれた。ルーツベースボールアカデミーは、養父氏が知人の経営するバッティングセンターの一角を間借りし、練習スペースから手作りした野球スクール。養父氏のデスクが置かれた、木造風アメリカンスタイルの洒落た事務所もコンテナを改造したものだ。

 スポーツと音楽の編集や執筆を生業としている筆者の名刺にある「音楽制作」という文字を見た途端、養父氏が反応。大好きだというギターとオールディーズなロックンロールの話を楽しそうに振ってきた。

 1980年代初頭にロカビリーブームを起こしたストレイ・キャッツのボーカル&ギター、ブライアン・セッツァーの来日公演では、終演後に楽屋を訪ねたという。また、亜細亜大時代は入来祐作(元巨人ほか)や井端弘和(元中日ほか)と同部屋だった合宿所にもギターを持ち込んで、気の向くままにギターを弾き、歌っていたという。自由人……そんな言葉が頭に浮かんだ。

「ギターはアメリカ時代に役に立ちましたね。移動中のバスのなかで日本人の僕がギターを弾きながら『ラ・バンバ』とか歌うと、スパニッシュ系の選手たちが大喜び。おかしなヤツがきたぞって(笑)。おかげでチームに溶け込めました」

 パンチの効いた話からインタビューは始まった。養父氏は亜細亜大、日産自動車とアマチュア野球の名門チームを歩んだが、プロデビューは27歳と遅い。しかも始まりは、台湾の兄弟エレファンツだ。

ダイエーをクビになった4日後、マイアミに降り立つ


 養父氏は帝京三高時代と、日産自動車時代の4年目に、ある球団から告げられた指名の誘いを断っている。「大学にはいきたい」、「日産で結果を出してからプロにいく」。それが養父氏の返事だった。有言実行とばかりに、日産自動車での5年目にはスポニチ大会で好成績を残すも、結果は指名漏れ。チームからはコーチとしての将来を打診されるも、即答したのは日産自動車を去るという決断だった。

「僕はプロになるために日産に入った。だから『嫌です。だったら辞めます』と。でも、行き先はない。やばい。そうしたら台湾の知人からテストの誘いがきて、すぐに合格。兄弟エレファンツに入団することになったんです。僕は頭に描いていることを“できる”と思うタイプ。だからやるだけ。これが波乱万丈な野球人生の幕開けでした」

 念願のプロ生活は、台湾で「外国人選手」として始まった。

 2001年、養父氏は兄弟エレファンツで躍動する。月間MVPを3回受賞。1試合16奪三振の台湾記録を達成。台湾シリーズでは2勝2セーブでシリーズMVP。ゴールデン・グローブ賞も受賞した。この活躍をダイエー・王貞治監督(当時)がほってはおかなかった。同年秋のドラフト6位でダイエーに入団。同期は寺原隼人、杉内俊哉(現巨人)だ。王監督からは「よく頑張ったな」と声をかけられた。

 2002年、「NPB、遅咲きのルーキーイヤー」が始まる。しかし、1軍昇格を目前にした7月に腰を痛め、同年10月1日に戦力外通告。球団は、コミュニケーション能力に長けている養父氏にバッティングピッチャーとしての道を打診した。養父氏はその申し出を断る。

「ここでも得意の『嫌です』(笑)と。すぐに日本を後にして、10月5日にはマイアミにいました。ダイエーではケガしたけど、台湾では結果を出したし、球のスピードも出ていた。『まだ、できる』そんな自信があったんです」


ラテン系の野球仲間との縁でマイナーリーガーに


 養父氏はただちにアメリカに飛んだ。とはいえ、戦力外通告の4日後? どうやってマイアミに? 縁をつないだのは2002年にダイエーに在籍していたカルロス・カスティーヨだった。ホワイトソックスで10勝を挙げたメジャーリーガーとして来日したもののコンディションが整わず、ダイエーでの1軍登板実績はゼロ。7月に帰国し、そのまま退団していた。

「外国人選手のカルロスはチームに馴染めなくて寂しそうにしていたんです。僕は台湾で外国人選手だったから、カルロスの寂しさがわかった。だから、よく食事に誘っていて」

 恩を感じていたカルロス・カスティーヨは「クビになったら連絡をくれ。アメリカに来て野球を続けなよ」という言葉を養父氏に残していた。

「クビになった瞬間にカルロスに電話しました。そうしたら『うちに来い』と」

 ビザの有効期限である3カ月間、養父氏はカルロス・カスティーヨの家に寝泊まりし、トレーニング。アルバート・プホルス(エンゼルス)、オーランド・ヘルナンデス(元ヤンキースほか)ら、そうそうたる選手たちに混じって練習した。必然的にたくさんのスカウトも訪れる。ラテン系の選手に交じる日本人は目立った。

「普通だとマイナーリーグ入り、つまりメジャーリーグの組織に入ること自体が難しい。でも、僕には周りに選手仲間がいたから。彼らが『養父はいいぞ!』とチーム関係者に伝えてくれて」

 養父氏はホワイトソックスの入団テストに合格。傘下のチームに所属し、マイナーリーガーとして野球を続けることになった。持ち前のバイタリティとコミュニケーション能力で、道を拓いたのだ。

 第2話ではアメリカ、ベネズエラ、メキシコでの野球生活、仲間との交流、苦難さえも楽しむかのようなバイタリティの源について聞く。

(※文中一部敬称略、第2話に続く)

持ち前のバイタリティで道なき道を切り開く。5カ国を渡り歩いた波乱万丈な野球人生の始まり

協力:日本プロ野球OBクラブ

■プロフィール
養父鐵(ようふ・てつ)
投手・右投右打。1973(昭和48年)6月26日生まれ、神奈川県鎌倉市出身。帝京三高、亜細亜大、日産自動車を経て、2001年に兄弟エレファンツでプロデビュー。2001年ドラフト6位でダイエーに入団。2003年から2005年はホワイトソックス傘下の球団に所属し、2A、3Aでプレー。その間にベネズエラ、メキシコのウインターリーグにも参加した。2006年は兄弟エレファンツに復帰するもケガで力を発揮できず。2007年に引退した後、2010年にルーツベースボールアカデミーを神奈川県藤沢市に開校。2017年には四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの監督を務め、独立リーグ日本一に輝く。徳島からは伊藤翔(西武3位)、大藏彰人(中日育成1位)がNPB入りを果たしている。

■クレジット
取材・文=山本貴政(やまもと・たかまさ)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方