週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2017夏の高校野球】《秋田観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

140超が多数!期待の2年生も速球派
2年生ながら山口のスケールに夢広がる


投手編 〜藤井を筆頭に速球派が多数!〜


【2017夏の高校野球】《秋田観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

 プロ注目の藤井黎來(大曲工)はどっしりとした体格から140キロを超える重みのあるストレートを放る。フォーク、スライダーとのコンビネーションで三振を奪う右腕だ。2年生だった昨年、春から頭角を現し、夏はチームの甲子園初出場に貢献。敗れはしたが、花咲徳栄との1回戦で143キロをマーク。7三振を奪ったフォークに自信を得た。今春は地区大会敗戦で県大会を戦えなかったが、敗れた試合でリリーフし、打者9人中8人から三振を奪った。夏の快投に期待がかかる。
 藤井に限らず、今年の秋田はスピードのある右腕が多い。戸沢秋斗(大曲農)はしなやかな腕の振りから最速144キロ。腕の角度はスリークオーターからサイドと投げるたびに変わる。後藤悠之(能代)はキレのある140キロ超のストレートで空振りを取れる。カーブに決め球のスライダーも冴え、三振奪取力が高い右腕だ。鈴木佳偉(角館)も昨年の130キロ中盤から140キロ台に上げてきた。同じ角館の小笠原龍馬も質のいい140キロに迫るストレートを持つ。
 個性派も光を放つ。古屋拓巳(秋田商)は右投手ながら、左投手が放るような独特のボールの軌道で打者からすると打ちにくさがある。貴俵健(横手)は185センチ90キロの体格。球速は130キロ前半でキレで勝負する。
 2年生からも目が離せない。左腕の佐藤開陸(能代松陽)はキレのある130キロ後半のストレートがあり、変化球で三振を積み重ねる。吉田輝星(金足農)は相手に考えるスキを与えない早いテンポで140キロ前半のストレートと変化球を嗅覚よく投げ分ける。能力の高い山口航輝(明桜)もストレートに球威がある。

野手編 〜能力高い明桜の打者たち〜


【2017夏の高校野球】《秋田観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

 元々、評判は高かったのが明桜の野手陣。春の王者という箔もついたチームに好打者が揃う。早川隼喜はボールを捉える能力に長け、足も速い。輿石重弘監督が「野球をよく知っている」と信頼を置く。3番の児玉日々生も身体能力が高く、走攻守のバランスが取れた選手だ。2年生の山口航輝は長打力に期待。1番・小川洋、9番・工藤大輝は入れ替わっても遜色ない仕事ができる。
 明桜の野手が目立つが、今年も秋田は各校に好打者がひしめく。ゆったりとした構えからボールを的確に捉えて勝負強さを発揮するのが田村慶太(能代松陽)。1年生から場数を踏んできた経験値もある。左打者ながら左投手を苦にしない石郷岡亮(秋田中央)は、左中間に本塁打を打てる。インパ
クトの押し込みが強く、打球が伸びる。安田廣郎(金足農)も一発がある。藤原龍之介(秋田南)は広角に強い当たりを打てて足もある。どんな攻めにも対応力を見せる野中大輝(秋田南)は中軸でも仕事ができるが、あえて6番で打線を回している。
 角館の鈴木佳偉(角館)は投手としての能力もありながら、クリーンアップを打てる打力も誇る。「2番最強説」のごとく春は2番を打ち、繋ぐ意識も芽生えた。チームメートの高橋夏南人は165センチと小柄ながら、高打率をマークする。角館のキーマンの1人だ。

大会展望 〜群雄割拠の秋田を制するのはどこだ!?〜


能力の高い選手たちが集まっている明桜が春季県大会を9年ぶりに制した。夏の甲子園には2009年以来、遠ざかっており、久しぶりの出場が射程圏に入った。春の県大会決勝で明桜に逆転負けを喫した能代松陽だが、昨秋の準々決勝敗退から着実に力をつけており、能代商から現校名に変わってから初の聖地行きに弾みはついた。秋に続いて3位で東北大会に出場した角館も夏にスパートをかける。春4位と躍進した秋田修英、昨秋優勝の横手など、どこが勝ってもおかしくない。

【2017夏の高校野球】《秋田観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド


野球太郎 No.23
「2017夏の高校野球&ドラフト特集号」 

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方