週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

『野球太郎』presentsドラフト候補最新ランキング! 根尾昂は五冠! 各部門1位は?

スタートダッシュはどうだ? 岡本和真(巨人)ら開幕カードで輝いた選手、つまずいた選手を振り返る!

 4月3日に本誌『別冊野球太郎 2018春 ドラフト候補最新ランキング』が発売! 今年のドラフト戦線を賑やかす注目の逸材の情報が満載の1冊。なかでも目玉特集として見逃せないのが「2018年春 野球太郎的ドラフト候補ランキング」だ。

 このランキングは『野球太郎』のライター、関係者30人が答えた45問のアンケートを元にポイントを集計した。

 ランキングの種類は「総合部門」「ポジション(投手、捕手、内野手、外野手)」、「カテゴリー(高校、大学、社会人)」に加えて、「地区別」「三拍子タイプ部門」「バットコントロール部門」「強いスイング部門」「長距離砲部門」「スピードスター部門」「走塁が巧い部門」「守備職人・内野部門」「守備職人・外野部門」「強肩部門」「コントロール部門」「球威部門」「ボールの伸び部門」「変化球部門」「奪三振王部門」「先発タイプ部門」「リリーフタイプ部門」「即戦力部門」「ロマン枠部門」……、なんとも楽しくなってくるランキングが設定されている。

各部門ランキング1位はこの選手!


 前回は根尾昂(大阪桐蔭高)が1位に輝いた「総合部門」を紹介したが、今回は各部門のランキングトップを紹介していこう。

総合部門1位:根尾昂(大阪桐蔭高)
投手部門1位:松本航(日本体育大)
捕手部門1位:吉田高彰(上武大)
内野手部門1位タイ:小園海斗(報徳学園高)、根尾昂(大阪桐蔭高)
外野手部門1位:藤原恭大(大阪桐蔭高)
高校生部門1位タイ:根尾昂(大阪桐蔭高)、藤原恭大(大阪桐蔭高)
大学生部門1位:梅津晃大(東洋大)
社会人部門1位:齋藤友貴哉(Honda)
三拍子タイプ部門1位:小園海斗(報徳学園高)
バットコントロール部門1位:小園海斗(報徳学園高)
強いスイング部門1位タイ:濱田太貴(明豊高)、根尾昂(大阪桐蔭高)
長距離砲部門1位:林晃汰(智辯和歌山高)
スピードスター部門1位:小園海斗(報徳学園高)
走塁が巧い部門1位:藤原恭大(大阪桐蔭高)
守備職人・内野部門1位:田中幹也(東海大菅生高)
守備職人・外野部門1位タイ:辰己涼介(立命館大)、藤原恭大(大阪桐蔭高)、逢澤崚介(明治大)
強肩部門1位:根尾昂(大阪桐蔭高)
コントロール部門1位:松本航(日本体育大)
球威部門1位タイ:梅津晃大(東洋大)、東妻勇輔(日本体育大)
ボールの伸び部門1位タイ:鈴木翔天(富士大)、松本航(日本体育大)、青島凌也(東海大)
変化球部門1位:吉川峻平(パナソニック)
奪三振王部門1位タイ:東妻勇輔(日本体育大)、松本航(日本体育大)
先発タイプ部門1位:松本航(日本体育大)
リリーフタイプ部門1位:東妻勇輔(日本体育大)
即戦力部門1位:松本航(日本体育大)
ロマン枠部門1位:引地秀一郎(倉敷商高)

投手部門上位は大学生が独占


 投手では松本航(日本体育大)が「投手部門」「コントロール部門」「ボールの伸び部門」「奪三振王部門」「先発タイプ部門」「即戦力部門」でトップに立ち、なんと六冠。松本のチームメイトの東妻勇輔は「球威部門」「奪三振王部門」「リリーフタイプ部門」の三冠に輝いた(ともに1位タイを含む)。昨年の明治神宮大会を制した日本体育大が、2人の投球を原動力に今年も大学球界の先頭を走りそうだ。

 なお、「投手部門」の上位に入った松本、甲斐野央(東洋大)、鈴木翔天(富士大)、梅津晃大(東洋大)、高橋優貴(八戸学院大)、は、「大学生部門」でもトップ5を占めている。現時点では、この5人と前述した東妻が大学生ドラフト候補として一歩抜け出していると見ていいだろう。

 また、伸びしろが大きな選手を取り上げる「ロマン枠」の1位には、引地秀一郎(倉敷商高)が立った。184センチ80キロの立派な体格で、すでに最速151キロをマーク。まだまだ未完成だが、さらに球速も威力も増していく雰囲気にあふれている。隠れた逸材の発掘が好きなドラフトマニアは要チェックだ。


野手はプレミアム世代の高校生3人が席巻


 一方、野手を見ると高校生が健闘。「総合部門」で1位の根尾昂(大阪桐蔭高)は「内野手部門」「高校生部門」「強いスイング部門」「強肩部門」でもトップに立ち、貫禄の五冠を達成。

 根尾とともに「大阪桐蔭史上最強」と謳われるチームを引っ張る藤原恭大は「外野手部門」「高校生部門」「走塁が巧い部門」「守備職人・外野部門」の四冠。高校球界きっての安打製造機・小園海斗(報徳学園高)も「内野手部門」「三拍子タイプ部門」「バットコントロール部門」「スピードスター部門」の4部門でトップに立った。

 打者でも投手でも「何かすごいことをやりそう」とワクワクさせてくれる根尾。打っても守っても走っても超一流の藤原と小園。プロで活躍する姿を想像するだけで楽しくなってくる超目玉候補だ。100回大会を迎える夏の甲子園でも大暴れするところを見たい。

 なお、『別冊野球太郎 2018春 ドラフト候補最新ランキング』では「野球太郎的ドラフト候補ランキング」で1位に輝いた18人の選手のインタビューを掲載しているので、こちらもお見逃しなく。また、先鋭ライター陣が挙げる「私が気になるドラフト候補2018」、地区別に今季の見どころ、注目チーム情報やドラフト候補ランキングを紹介する「アマチュア野球の歩き方2018」を掲載している。

 この1冊を片手にドラフト候補を追ってみてはいかがだろう!


文=山本貴政(やまもと・たかまさ)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
野球太郎ストーリーズ
夏の甲子園大特集 パーフェクトガイド2018 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方