週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【ドラフト特集】2017ドラフト候補怪物図鑑〜最速157キロの社会人最強右腕・鈴木博志(ヤマハ)

【ドラフト特集】2017ドラフト候補怪物図鑑〜最速157キロの社会人最強右腕・鈴木博志(ヤマハ)

 清宮幸太郎(早稲田実)、安田尚憲(履正社高)、東克樹(立命館大)らを筆頭に高校生・大学生ともに多くの注目選手がプロ志望届を提出。また、清宮は10月2日までに10球団が面談を行うなど、ドラフトの話題が多く紙面を賑わせている。

 しかし、ドラフト有望株は高校生、大学生だけではない。昨年の山岡泰輔(東京ガス→オリックス1位)のように社会人から入団する即戦力候補も多くいる。

 個性豊かな10人の注目ドラフト候補のストロングポイントに迫る「ドラフト候補怪物図鑑」。今回はその社会人からヤマハの豪腕・鈴木博志を取り上げたい。

故障に苦しんだ高校時代


 鈴木は静岡の磐田東高出身。高校時代も早くから才能を認められ、1年時からベンチ入りを果たすも故障に悩まされた時期が長く、3年間で目立った活躍はできなかった。当時から140キロ台中盤のストレートを投げていたが、甲子園、東海大会への出場もなく全国的には無名の存在だった。一部のスカウトが目を向けていたものの、どちらかというとチームメイトのエース・齋藤誠哉(ソフトバンク)に注目が集まっていた。

 また、線が細かったこともあり、鈴木はドラフト前にプロ志望届を提出することなく、社会人野球のヤマハへと進む道を選択している。一方、齋藤はプロ志望届を提出し、育成2位でソフトバンクに入団。現在、支配下登録を目指し奮闘している。

社会人2年目にブレイク


 ヤマハに進んだ鈴木は2年目の昨季、ブレイクを果たす。これは1年目にウエートトレーニングで体重を増加させ、球速アップを実らせたことが大きい。球速が150キロを超えるようになり、公式戦で11試合に登板。17回を投げて21三振を奪うなどチームの主力投手としての地位を確立した。先発は2試合だけで、中継ぎがメインだった。

 とはいえ、先発でもしっかり結果を残している。秋に行われた日本選手権では、2回戦のNTT西日本戦に先発し、5回1/3を投げて1失点。与四死球7と制球にばらつきはあったものの、粘りの投球で勝利に貢献。

 ドラフト解禁を迎えた今シーズン、チームとしての出場は叶わなかったが、新日鐵住金東海REXの補強選手として都市対抗に出場。最速155キロのストレートを披露するなど実力を発揮。2試合で6回を投げて1失点、7つの三振を奪った。

 秋の日本選手権予選では、永和商事ウイング戦に先発。9回1安打完封と圧巻の投球を見せ、1対0の勝利に貢献。本戦出場を決めている。

 鈴木のウリは181センチ90キロの恵まれた体格から繰り出される最速157キロのストレートだ。制球に難があるものの、力でねじ伏せることのできる球は圧巻。社会人では先発で結果を残しているが、プロではセットアッパーとして1イニングを全力で抑えるイメージも湧く。

 本戦出場を決めた日本選手権は、ドラフト会議後に開催される。昨年は先輩の池田がドラフト指名を受け、その後の同大会でチームの優勝に貢献。MVPに輝いた。鈴木も同じようにプロ入りを決め、育ててくれたチームへの恩返しをしたいところだ。


文=勝田聡(かつた・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方